Home > ブログ > 自己愛性人格障害(361) 嘘の自覚があるのかないのか 2

自己愛性人格障害(361) 嘘の自覚があるのかないのか 2

人格障害者の「やったこともやってない、言ったことも言ってない、自分のしたことを相手になすりつける」という場合において、それが嘘だとわかっているのか、それとも脳内で都合よく真実に変換されているのか、こればかりは本人でないとわからない。リアルサイコよっしーが自分の嫌がらせやストーカー行為をワシの妄想だと周囲に言っているのは、嘘だと自覚しているのか、本当にそう思っているのか、だからこそ本人に確認してみたいのだが。前回のトピックでは、恐らく嘘の自覚はあるだろうという例をツイッターから紹介した。バランスをとるために、今回は嘘の自覚がないケースを考えてみる。

人格障害者は、その場の窮地を逃れるためなら、ペラペラと嘘が次々に出てくる。何も考えずに呼吸と同じくらい自然に嘘がつける。何も考えずに・・・これがポイントで、考えて言った言葉、或いは真実を語る言葉は、言葉の内容に意識が担保され記憶残る。しかし何も考えずにその場しのぎで言った言葉、おそらく「忘れた」「そんなこと言ってない」というのは、本当に記憶にないのだろうと思う。嘘をついているのではなく「記憶にない」のであろう。

人格障害者 そんなこと言ってない」
被害者 「嘘つくな」

このような噛み合わない会話も、実は両方真実だったりする。この場合の真実とは、人格障害者が嘘をついているという点。そして人格障害者が本当に「そんなこと言ってない」と思っている点。本当に記憶にないのだから、嘘はついてないし、そんなこと言ってないと人格障害者本人は思っている。もちろんこれは言葉のアヤで、第三者的視点から見れば人格障害者は嘘をついており、「人格障害者の問題となっている発言は嘘だが、それを否定する本人の言葉は意識の上で嘘ではない」という意味である。このような場合は人格障害者に嘘をついている自覚などなかろう。こうなると言った言わないの話になるので結論が出ない。

Posted on 2018-06-12 | Category : ブログ | | No Comments »
関連記事
Comment





Comment