Home > ブログ > 自己愛性人格障害(268) 豹変 7 「やはり何もなかったかのように」

自己愛性人格障害(268) 豹変 7 「やはり何もなかったかのように」

人格障害者どもは、本当に不思議な考え方をするもので、
あれだけ悪口を言いまくり、あれだけ嫌われるようなことをしておきながら、
いざ対面すると、あるいは日付が変わったりすると、
まるで何事もなかったかのように、普通に接してくる。

自己愛性人格障害(236) まるで何事もなかったかのように 4

おそらくこのような心理ではないかと思うのだが、
しょせん、人格障害者どもの思考は理解できない。

*****

さて上原の話の続きである。
自己愛性人格障害(266) 豹変 6 「再会」

姉さんは上原にはっきり伝えている。
「あなたとは友人にはなれません。何でも他人のせいにしないで欲しい。」
上原はキレて、批難する長文をぶわぁ~~~~~っと送ってきて、
文末には念を押すかのように「さようなら」と2度書いてきた。
さらに「言い逃げ」をするため、
こちらから連絡出来ないようフェイスブックをブロック。

そんな感じで終わっている相手と、
なんと偶然にも立ち寄った店の入口でバッタリ出会ってしまった。

「姉さ~ん!久しぶり~!」

上原の第一声は、まるで屈託なく気味悪い笑顔で明るく挨拶であった。
そう、まるで何事もなかったかのように。

姉さんはアッケにとられ、また周囲に人がいたこともあり、
普通に「ああ、どうも」と会釈する。

その後である。

店内に入るや、上原が姉さんのテーブルに居座って、
なかなか自分の席に戻ろうとしない。
そして、にこやかに話しかけてくるのである。

「あんなこと書いてきやがって!と怒ってくる方がまだ理解できるわ」
このように姉さんが不思議に思うくらい、
まるで何事もなかったかのように、
そして周囲に親しさをアピールするかのように、
まるで悪気のない顔で話しかけてくるのである。

ボクはその場にいなかったのだが、リアルタイムでメールをもらった。
「今、捕まってしつくこされてるよ。やっぱ頭おかしい。怖い!」

本当に怖い。
ヤクザとか暴力的な怖さでなく、何を考えているかわからない不気味な怖さ。

「何を考えているか全くわからないのに知恵はある、意思疎通の出来ない人間への恐怖体験」

これは「進撃の巨人」の作者が、巨人を描く際にモデルにしたイメージだそうだ。
これに近い恐怖を姉さんは上原に感じている。
「変!」とか「バカ!」ではなく、「怖い!」なのである。

「や~、なかなか姉さんに連絡とれなくて~」
「あなたがフェイスブックをブロックしたんでしょ!」
「うん、解除の仕方がわからないんだよね」

ブロックしたのは認めた。
ということは、ブロックに至るやり取りもしっかり記憶にあるはずである。
しかし、そのやり取りの内容には一切触れず、
あれだけボロクソに書いてきたのが嘘のように、親しげに話しかけてくる。
本当に何を考えているかわからない。

(続く)

Posted on 2015-07-06 | Category : ブログ | | 32 Comments »
関連記事

コメント32件

 パンダ | 2015.07.06 11:53

***せんちさん
こんにちは。パンダです。
わぁ~、なんと恐ろしい思考回路。

私は、どうにか引き継ぎ業務を終え、6月末で退職しました。
担当していたお客様が気になりますが、自己愛から離れることができ嬉しさをかみしめている今日この頃です。

今、今回の自己愛に関する総まとめとして
『平気でうそをつく人たち―虚偽と邪悪の心理学』を読み始めました。

“上原”のお話の続き心待ちにしております。
でも、ご自身の事を優先してくださいね。

 corococo | 2015.07.06 12:28

あぁ、やっぱり。
さらに「続く」のが気になります。

例の予習が必要なブロック女、
つい今しがた、Facebookをウロウロしてたら、
彼女を見かけてしまいました。
ブロック解除されてるんですー。
こわ~!気持ち悪~!!!

友達に伝えたら
「何事もなかったように話しかける気だよ」との返事。

上原の続編、お待ちしております。

  | 2015.07.06 17:05

自己愛は自分が嫌われたり避けられたりする事を極度に嫌います。
そして自分に都合の悪い現実を受け入れられないのも特徴です。

誰しも人生の中で、人を嫌う事も人から嫌われてしまう事もあると思います。

普通の人であれば、自分が相手から嫌われてると察知したら自分の方も相手から距離を取るものです。それがお互いの為ですからね…

それが出来ないのが自己愛です。
なんとなく嫌われてると勘付くと、そんな現実を拒否したいがあまり必要以上に関わってくる様になります。

まずは何事もなかったかの様に接して、それに対して相手からも普通に応対してもらう事によって、「本当は自分は避けられてなんかなかったんだ!」と安心感を得たいんです。

それでも冷たくあしらわれて、もう嫌われてる事を受け入れざるを得ない状況になると、一転して文句をつける様になったり、嫌がらせしたり、あることないことを吹聴し始めたり、挙句にはストーカー行為に転じます。

そしてトラブルがひと段落してしばらく経つと、また普通に接してこようとします。これも最初同様、自分が避けられてないかどうかを確かめたくてです。普通に考えれば、散々迷惑を掛けたんだから避けられて当然だと思う筈なんですがね…(^_^;)

けど自己愛は嫌なんです。受け入れたくないんです。

例えば、
かの宮﨑勤が、捕まったばかりの時に「こんな所にいたら免許証の更新が出来ないや!」とボヤいてたみたいですが…

普通に考えりゃ、あれだけ凶悪な犯罪を犯して元の生活に戻れるとは思わない筈ですよね?
それも「一生刑務所から出られない」と言う現実が、辛くて受け入れられないからです。

どうあっても現実を受け入れられない人種がいるんですよ。


http://youtu.be/vHoMKnNG-wc

  | 2015.07.06 17:07

追記!最後のYouTubeのURLはコメ内容とは関係ないです(笑)ただ良かったら見てみてください!

 haru | 2015.07.07 12:06

初めまして、二年ほど前にこの障害を知り情報を探している者です。被害に遭った人しか分からない怖さ、嘘や理不尽だけならまだ良い方で将来打撃を与えるために前もって仕込んでおくんです。その間の時間も「いずれビックリするだろう」と本人は楽しんでいるのでしょうね、愚鈍なフリをして翻弄し相手がイライラするのを見て楽しむ。変に頭が良く罠を仕掛けて悪者に仕立てる、サイコに近いですかね。
こちらのブログを読ませていただいて参考にさせていただいてます、ありがとうございます。

 せんち | 2015.07.08 5:38

*** パンダさん
失ったものは少なくないかもしれませんが、
今後は過去の人格障害者にとらわれず、
未来に幸あらんことを願っています。
みな、過去の人格障害者に苦しんでいるので、
パンダさんがそうならないことを願っています。

*** corococoさん
ブロック解除は、
「何事もなかったかのように」振る舞う布石かも!?
その友達もわかってるじゃないですか(笑)

*** iœさん
ご無沙汰してます~
人格障害者どもはオール・オア・ナッシングの思考で、
仰る通り、すべての人に好かれる、あるいは嫌われるのは無理ですが、
それでも人格障害者どもは、ひとりでも嫌われるのをいやがりますね。
だったらそんなことしなければいいのに、と思うけど、
人格障害者っぷりを発揮して嫌われる。
この矛盾した言動こそ、人格障害者ゆえです。

相手が普通に接してくるのは、あくまで「大人の対応」であることに気付かないのかしらん。

 せんち | 2015.07.08 5:54

*** haruさん
将来への材料を仕込んでいるな~とわかったら、
それを逆手に何か対策できませんでしょうか。
ボクだったら、ははん、そのうちこれをネタにこう言ってくるなと思って、
それに対抗すべき何か策を用意しておくんだけどなー

 haru | 2015.07.08 9:50

お返事ありがとうございます、この障害を知ってから前もって仕掛けるパターンに気がつきました。急に脈絡のない事や誰でも知っているような事を質問し次に関連した本人が知りたい事を聞いてきます、なので最初の時点で分からないと答えるようにしています。しかし私の知らない内にこっそり仕掛けておき何ヶ月もして箱を開けてビックリ!という事があります。証拠は無くても誰がしたかは分かる、その陰湿さが何とも言えず不愉快で長期間寝かしておく執拗さに怖さを感じます。嫌がらせが多分にあるのでサイコパスかも知れず、であれば対処を気をつけようと思っています。

 Rizsa | 2015.07.08 19:07

初めまして。
Rizsaと申します。
ブログ見させて頂いて参考にさせてもらっています。

私は近くおそらく自己愛であろう方と
話し合いをせねばなりません。
おそらく…というのは
攻撃をされてますが間に他の人が入ってるので
直接的にされていない為です。
その間の人に色々悪く吹き込んでいるようです。
私自身には直接攻撃してきませんが
その挟まれている人に私の排除を迫ってるようで
困ってるとの事で迷惑をかけたくない為
ターゲットである私が話をする事になりそうです。
なにか話し合いをする上でアドバイスや助言、注意すべき点などお伺いできればと思いました。
お時間ある時で構いません。
変な相談してしまい申し訳ないですが
よろしくお願いします。

 パンダ | 2015.07.09 1:55

***せんちさん
あたたかいお言葉を頂き嬉しく存じます。
ありがとうございます。
人格障害者より受けたダメージによる後遺症が多少残っていると感じております。
今は、“前進あるのみ”と自分に言い聞かせ今後のプランを練っております。

***このサイト上で応援の言葉をかけて頂いた皆様へ
先月の6月末で会社を退職し、自己愛を離れる事が出来ました。応援のお言葉を頂きありがとうございました。

いまだ渦中にある方、過去の自己愛・人格障害者のおかげで苦しい思いをされている方、一日も早くその呪縛から逃れ・回復されてご自身の大切な日々を過ごすことができるよう願っております。

パンダより

 りおん | 2015.07.09 3:34

何事もなかったかのように接してくる、まさにソレです〜(T_T) 私のことは完全無視ですが、私の彼氏のことを諦められないようで、また関わろうとしてきているようです。SNS上では、常に他者批判、自分は優れているために、常に人から嫉妬される自慢ばかりです。そして、被害妄想がすごくて、さらに自分のことは全部棚上げで、しかも棚上げをしている意識が微塵もなさそうなのが恐ろしいです・・・。高学歴で読書家で良家出身の人なんですけれどね・・・。キャンディキャンディに出てくるイライザにそっくりです。

Iceさんのコメント、以前から拝見してました〜。youtubeの、見てみました。こっちとしては追いかけているのではなく、離れたくて離れたくて仕方ないのに、追いかけてくるのはどっちだよ!?頼むから来ないで〜〜(T_T)ですよね。はぁ!?どのクチが言ってんの!?ってことを当然のことのように言う自己愛、恐怖です。
Iceさんのコメントにものすごく納得しました。私の彼氏は、以前は自己愛と仲良くしてしまったり、自己愛の言うことに理解を示してやったりしていたために、今、彼に距離を置かれてしまっていることを受け入れられないんだと思います。そして、彼が冷たくなってしまったのは、私のせいだと思っていると思います・・・ぎゃー(゚o゚;;

 せんち | 2015.07.10 9:48

*** Rizsaさん
コメントありがとうございます。
人格障害者と話し合い・・・憂鬱になりますね。嫌な作業です。
どうせ徒労に終わるのが分かっているので。
ブログを読んでいただければわかると思いますが、
人格障害者はけして自分の否を認めることはしません。
辻褄が合わなかろうが、嘘を弄してでも責任転嫁します。
間に入っている人に間接的にいろいろ言っているみたいですが、
そんなことは言ってないと主張するでしょう。

だいたい、人格障害者は直接は攻撃してこない気がします。
なぜなら嘘だとばれるからです。
本人に対してだと即否定されるので、
本人のいないところで悪口を言うのが手口です。
その場にいない人の悪口を言って周囲の気を引いたり同情を買ったりします。

人格障害者との話し合いは無駄で意味のないことだと思います。

相手が「普通の人」だったら話せばわかるということもありますが、
人格障害者は、いかに自分の正当性を主張するかしか頭にありません。
多分、話し合うと、余計に腹立つことが増えるだけだと思います。

状況がわからないので、あくまで一般論でボクの考えを述べると・・・

人格障害者は変わらないので、
間に入っている人を含め、人格障害者及び関係者の人間関係を切ってしまう。
ただ、その人は間に挟まって困っているということは、
人格障害者に毒されず、Rizsaさんにも好意というか理解はあるということですよね。
だったら、その人に人格障害は何たるものかを説明して味方についてもらう。
思い浮かぶのはこの二つです。

厳しいことを言いますが、
Rizsaさん、人格障害者と話し合うということ自体が間違ってます。

その間に入っている人ごと切るか、
その間に入っている人を連れて切るか、
いずれにせよ人格障害者は変わらないので、切るしかないと思います。

間に入ってくれている人に、
「あの人とは付き合わない方がいいわよ」と言うのは、
言い方が難しく、こちらが何か悪口を言っているようで抵抗があるかと思いますが、
そこは人格障害者がいかなるものか、きちんと説明して、
普通の人じゃないということを、理解してもらいたいです。
けして悪口で言っているのではないということを。

 Rizsa | 2015.07.10 20:17

せんちさん

ご丁寧なお返事とても感謝しています。
ありがとうございます。

やはり話し合い自体無駄な事なのかもしれないですね。
今のところ迷っているのは
その対象の方が人格障害なのかまだ判断が難しいからなのです。
ただせんちさんのブログを初めから読ませてもらって
当てはまるところが…3点以上あれば
今のところ爬虫類系、なんでも思い通りにしないと気が済まない、自慢が多い、が当てはまるので
「人格障害の人」としてまず話してみようと思います。
ボイスメモを忍ばせて。

ただ…その間に入ってる人が
直接話したい事を伝えてくれたところ
返事がなく逃げの姿勢のようなので
まず話し合いの場が作れるのか…?ですが。

説明も曖昧な中詳しくアドバイス、ご助言ありがとうございました。
ブログこれからも楽しみにしています。
また報告できれば…お邪魔させて頂きますね。

 ぴな | 2015.07.16 20:00

私が知っている自己愛は、「自分はとても大人で、嫌いな人にだってちゃんと気を利かせた対応ができる」というのがモットーだったみたいですよ。「嫌いな奴にもこんなにしてあげられる自分スゲー!」的なことをよく言ってました。
これって文章にすると確かに素晴らしいことのように思いますね。
でも、嫌われる原因は自分で作ってるんですよ。それもワザと嫌われるようにしてるとしか思えないやり方で。
何なんでしょうね、このモヤモヤ感は。
言葉にするだけじゃ、自己愛の本質は伝わらないのが虚しい。

 月子 | 2015.07.18 11:13

せんちさん、以前、コメントを削除していただきました月子です。その節は、お忙しいところ、お手数をおかけして申し訳ありませんでした。

あの頃、自己愛2人が自爆して、職場を辞める辞めないと、飛ぶ鳥が水を引っ掻き回して濁しまくっている状態でしたが、結局、最後の日の最後の時間まで、人の悪口を吹聴して去っていきました。あれから職場の雰囲気は一転し、皆、のびのびと仕事をしています。

プライベートで関わりがあった自己愛からも、なんとか逃げ切り、
あとは身内一人だけですが、完全無視を貫いていますので被害は少ないです。

それでも、こちらに少しでも隙があれば、すかさず嫌がらせしてくるのですが(かなーりしつこいです。もう15年になりますからね・・。)ほんと、どんだけ粘着質なんだろうって、その思考回路が怖くて不気味です。

そのうえ、何年かに一度、ピンポーンってうちに来ては、超笑顔で『忙しいのにごめんね~』と話しかけてくるのが、最上級に怖いです。そう何事もなかったかのように。。。

iceさんのコメントに書かれているように

嫌われる言動をする&しつこくする→私に避けられる→身内に私の悪口を吹聴して、被害者アピールをする&嫌がらせストーカー→突然、笑顔で接してくる→私に冷たくあしらわれる→ストーカー行為が激化

この繰り返しです。何年かに一度来るのは、私が相手につられて笑顔で接するのを期待してのことと思いますが、時間とエネルギーの無駄遣いとしか思えないので、一生、完全無視を貫いていくつもりです。

最近、ブログを始め、自己愛に関する事も書いたりしているのですが、このブログをリンクさせていただきました。事後報告になってしまってすみません。もし、何か不都合がありましたらおっしゃってくださいませ。

こちら↓です。

http://ameblo.jp/tukiko358/

 月子 | 2015.07.18 12:01

連投すみません。せんちさんのブログをリンクしたページ
指定をするのを忘れてしまいました。

『関わってはいけない人達』という題で書きました。

http://ameblo.jp/tukiko358/entry-12043422525.html

 ミイラ取りがミイラとなっている可能性も | 2015.07.19 0:58

自己愛は、非常に狡猾で他者支配欲求が強く(善悪、上下、優劣、強弱、白黒などの二元論思考での極論比較を好みます)、権力や地位、優位性でもって他者をコントロールして欲望を満たそうとするようです。

他者への共感性が低く、相手を自分の都合で利用したり、軽蔑してレッテルを貼り、自分の観念や立場を優位な立場にしながら居座り続けるのも特徴です。
(ボスママ、モラ母、お局さま、職場や夫婦間モラハラ、パワハラ、いじめ)

憎悪や嫉妬を心に秘めており、自分を省みるくらいならば洗脳、情報操作、妄想、嫌悪を煽る、陰口などでターゲットへ責任転嫁をする謀略家です。
ターゲットとする存在へ「レッテル」を貼りたがり、被害者面をしながらターゲットこそがそもそもの原因であると仕立て上げ引きずり落とす。

他者を自分の監視下や承認下に置く支配関係を作ること、何もかも解かっているという上から目線の尊大な自信によって、取巻きを従える上下環境を作ること、ターゲットの粗を探して小馬鹿にしたり陰口を叩いたり、批判して、孤立させ、引きずり落とすことで自分の存在感や優位さを周りに知らしめ欲求を解消しようとする
悪知恵と陰湿な性質を持っていると言えるのではないでしょうか。

「どんな分野」にしろ入り込んだら最後、自分の意見や立ち位置と優位性を絶対視する比較論でもって、しつこく周りを操作しようとします。

以下ご参考までに
「自己愛性格の“自己の特別視”と“他者との比較・嫉妬”が生む不遇感2:アドラー心理学の共同体感覚 」by カウンセリングルーム:Es Discoveryさまより
http://charm.at.webry.info/201507/article_5.html
要点の部分抜粋

『他人を敵と思って競い合う(他人を否定する)』のではなく、『他人を仲間と思って受け容れる(他人に共感する)』ことによって、結果として自分自身も安心感や受容感に支えられた自己肯定感を得られる

『他人を敵と思って競い合う(他人を否定する)』という考え方や生き方の問題は、『勝者‐敗者の二元論(成功者‐失敗者の二元論)』にもつながっている。
他人との関係を認識する視点が、『自分のほうが相手よりも幸せか成功しているかどうか・自分よりも相手のほうが幸せそうにしていないか』という優劣に白黒つけたい二元論に偏ってしまうので、相手のほうも自分を敵対視してくる恐れが強くなってしまう

他人を受け容れたり評価したりすることができないのに、自分のことだけは賞賛したり評価して欲しいというのは『自己愛の過剰性・精神発達の未熟成』の現れとしての自己中心性である。
この自己中心性は『自己の特別視による他人への嫉妬・怨恨』を含んでいるので、『自分の幸福・成功』を貪欲に終わりなく追求するだけではなく、『他人の不幸・失敗』によって自己慰撫するような“他人の不幸は蜜の味”といった人間の好ましくない一面を強化してしまう。

自分以外の他者にも『自分と同じような人格・感情・人生・夢・挫折・苦悩』などがあるということに気づけないから、幸せそうにしている時の他人の人生の一部分だけを見て、『自分だけが不幸で恵まれない(自分だけ悩んでいて他人は気楽にやっている)』と思ったり他人に嫉妬してその不幸を願ってしまう。

最終的に自分を幸せにできるかどうかにも関わってくる『共同体感覚(仲間と思える他人を作れる感覚・帰属感)』を身につけるための第一歩は、フラットな立 場でコミュニケーションすることができるということ、つまり、『相手にも自分と同じように悩んだり傷ついたりする心があるということ』を認識した上でお互 い様の共感感情や援助の気持ち・行動を持てるようになること

(自分のために自己犠牲を払って我慢してでも尽くしているという姿を見せないと納得できない・自分だけが相手のために我慢させられて損をしているという被害者意識になる)という感情を持つ自己愛性格の人の場合には、恋愛・結婚生活において相手を意識的あるいは無意識的に傷つけたり追い込んだりしてしまうこともある。

出来そうもない無理難題や理不尽な不平不満をぶつけて、本来であれば不必要な苦労をさせたり罵倒・人格否定などで精神的に追い詰めることで、
『潜在的な他者への嫉妬・憎悪』を満たそうとする危険性がある

以上

 baubau | 2015.07.21 8:18

月子さん、ブログを拝見しました。
私の場合と月子さんの内容が似ていて、ビックリでした。
自分の自己愛に対する接し方を反省する一方、現在自己愛に対して無視するくらいでしか攻撃できないもどかしさと悔しさで疲れ果てています。
自己愛から離れるため転職活動してますが(自己愛は意地でも辞めない)難しいもんですね。
かれこれ3年以上はいろいろと自己愛から攻撃されましたが、結局のところ私に対する当てつけばかりで上司も巻き込み続けているだけ。なんてムダな…と思いますが、あいつらにとっては私が苦しむのがご褒美みたいなもののような…
とにかく自己愛はバケモノですね〜

 月子 | 2015.07.23 12:34

>baubaiさん

同じような状況で、3年以上もがんばっていらっしゃるんですね。大変な状況の中で、転職活動もなさっているとのこと。お気持ち、痛いほどよくわかります。悔しさいっぱいの中で、耐えて仕事をこなしていると、精神的にも肉体的にもやられてきますよね。

baubauさんの上司の方は、異動とかで変わる可能性はどうでしょうか?あくまで私の今回の場合ですが、上司が変わったことで状況は一変し、結局、自己が自爆して辞めていったので。。。

自己愛は、コントロール&ブレーキがききませんから、ありえない位エスカレートしてきますよね。あるところまでは嘘で塗り固めてうまく立ち回ってますが、あまりに暴走しすぎて自爆の道をたどることもあります。

転職するにしても、とどまるにしても、どちらにしても、baubauさんが、気持ちよく日々をすごせるようになるといいですね。

 もも | 2015.07.23 17:28

せんちさん、こんにちは。
Haruさん、はじめまして。
2ヶ月前に初めて自己愛の攻撃を受けました。
あまりに気持ちが悪かったので、その自己愛Aとは関係を断ちましたが、最近せっせと我が家の情報収集&種まきをしているようです。
本当に不気味ですよね。
うちの場合は分かりやすくて、自己愛Aは我が子を使い、私の子供のあら探しをし、次の攻撃のチャンスを狙っているようです。
うちの子の行動範囲に自己愛Aの子供が現れるので、そして睨み付けていくので(苦笑)、ああ探っているな~って、分かりやすくて助かりますけど。
子供が見聞きしてきた些細なことに、根も葉もないことを大盛りにして攻撃してくるんでしょう。
例えば、ちょっとケンカした→いじめをしていると周囲に吹聴。(実際は、もっと予想できない内容だと思います)
子供を道具に使い、自分は妄想を膨らませ、攻撃の日を想像し、ほくそ笑んでいるんでしょう。

もう相手にしないと決めていますが、最低で、腹立たしいです。

Haruさん、予想し得ないことで攻撃をされてしまうかもしれませんが、お互いに極力情報を与えず、相手にしないで乗りきっていきましょう。

 みか | 2015.07.24 16:17

はじめまして。

 みか | 2015.07.24 17:26

はじめまして。みかと申します。
実はネットで知り合った彼が、どうも自己愛性人格障害者だと言うことに気付きました。
こちらのサイトにやっと辿り着き、疑惑から確信へ変わりました。

幸いなことにまだお会いしていないのですが
すでにチャットやメール、電話等で今までされたことのない
人格否定をされています。
そして彼の経歴等、色んな事に対して例の「三回ルール」が当てはまり、益々不信感でいっぱいです。

会いにくると言いながら次々と嘘でしょ?という内容の話
(呼吸器系の疾患が見つかったとか等々)で
来れないことを匂わせたり、ブログ上で発表したり。
(ブログ上では とても好青年な印象で 女性コメントが多い)

会う気がなく、年齢も詐称してる気がしてきて
(声が私と同じ20代とは思えないんです)
別れ話になりこちらが切ろうとすると追ってメールなどで
実は病気だったんだ等・・・

もうクタクタで今年の国家試験の勉強も振り回せれて出来ません。
このまま 全て着信拒否して切った方がいいなと
このサイトを拝見して思いました。

リアルだけじゃなく、ネットでもこんなことあるんですね。
このサイトを見つけることが出来て良かった。
もし知らなかったら、こちらが病んで、時間も人生もダメにするところでした。

 せんち | 2015.07.24 17:40

*** みかさん
そんな奴、会わない方がいいです。
チャットや電話でそれだけ疑念を抱かせるのであれば、
実際に会ってリアルに付き合うと、確信がより強固になるだけです。

スゲー。
実際に会っていなくても、遠隔操作で人格障害者を疑わせ、
相手に着拒させようとまで出来るなんて、ガチじゃないですか。

峰不二子の声優さんは、今、なんと79歳。
声だけじゃあ判断つきませんが、
そもそも会ってくれない、会おうとしないのは怪しい。
何か会えない理由があるはず。

test

差し支えなければ、その好青年を装ったブログ教えてくださいませんか?
ボクも読んでみたいです。

 baubau | 2015.07.24 22:40

月子さん、返信ありがとうございます。
月子さんの優しい返信に感謝しています。
私の場合は、上司の転勤はあり得ますが、当分は難しい感じです。上司は自己愛の度重なる物言いにちょっと嫌気をさしているようですが、一度自己愛の言いなりになってしまったので離れるのも難しいようです。
月子さんは自己愛が自爆したとブログでも書かれていたようですが、うちの自己愛もそんなときが来るのかな…と考えてしまいます。
私には自己愛の全てが自己保身のためでしか見えないのですが、どうもほかの人に分かってもらうことは諦めてしまいました。なんとかこの自己愛のいる世界を出て、新しいところで心機一転したいなぁと思います。

 みか | 2015.07.24 23:26

せんちさん
夜分遅くに失礼します
お返事ありがとうございます。

この添付画像のニュース・・こんな事もあるんですね。

実は今、
もしこのサイト、彼が見てるのかも?
せんちさんがもし彼だったら?

と全てに恐怖がある心境です。(ごめんなさい、こんな失礼な事いってしまって)

実際見て頂き せんちさんに判断してもらいたいとも思ってるんです。

 せんち | 2015.07.25 7:18

>もしこのサイト、彼が見てるのかも?
>せんちさんがもし彼だったら?

にゃっは~。そうかもしれませんね(笑)
それくらいの慎重さは必要ですよ。

教えてもらったブログを読みました。
ブログのタイトルだけで気持ち悪いじゃないですか。
しばらく観察してみまーす。

 乙女座の音楽家 | 2015.08.13 11:04

私の友人の話です。
彼女は、主な従業員は親類+パートという小規模な下請けの会社を経営しています。
昔から面倒見が良い人格者で、せんちさんが尊敬する姉さんに似ているかもしれません。
友人知人、仕事関係者など、彼女を慕う人は沢山います。
家族経営に有りがちなトラブルもなく家庭的な温かい雰囲気の会社です。

そんな彼女にも大嫌いな人がいて、発注元の元担当者(40代未婚、以下自己愛)。とはいえ、客先の人間ですから、表面的にはつつがない態度を貫いたそうです。
自己愛は下請各社はもちろん、自分の同僚や後輩にも嫌われ上司からは問題児扱い。
話を聞くかぎりでは、テンプレな自己愛的人格障害です。
自己愛の元部下で散々な目に会わされて愛想を尽かして退職したうちの一人が、彼女の現部下としてせっせと働いています(自己愛はこの件を知ってます)。

1年ほど前、長年の悪行が祟り職場一同冷たい態度になりさすがに勤め辛くなった自己愛は退職することになり、ある日突然彼女に電話をかけてきました。

「自分(自己愛)を雇って欲しい。」ですって!

何年間も散々振り回し不愉快な目に会わせておいて、しかも実質的に自分が原因で退職した人がいる会社に、雇って欲しいという神経が理解できないとぼやいてました。
例え喉から手が出る位の人手不足でも来てほしくない人物ですし、「その人が来るなら辞めます。」と例の部下にも言われてます。
言葉を選びつつ、小さい会社だからしばらく人はいらないんだと断ったのに、何回か雇用を頼まれたそうです。
しかも明るく屈託なく。

自己愛とはそういう人ですよ、理解できなくてもあなたは全然悪くないからって、きっぱり伝えました。

今はそいつとの縁もサッパリ切れて、仕事もやりやすくなったと喜んでました。

自己愛に対しても常識的な態度の彼女ですから、嫌われてるなんて思いもしなかったのかも知れません。でもね、40になる社会人がですよ、彼女が下げた頭は自己愛にじゃなくて、あんたの会社にだよ、自分の従業員のためにだよってのもわかんなかったんですね。

自分自身の客観視が全くできないのが自己愛の弱みでもあり、最大の強さかつ図々しさかもしれませんね。

 せんち | 2015.08.15 6:07

客観視できず、常に自分はデキる人間であり、
それを認めない社会が悪い、周囲が悪いという考えなのでしょう。
そして「わかる人にはわかる」という態度。
ああ頭が痛い。

 はな | 2015.12.03 17:03

せんちさん

こんにちは。うちにいた自己愛と今日、たまたま出くわしたのですが、完全に無視されました。

うちにいた自己愛は、他は全てテンプレ通りの行動をするんですが、この、「何事もなかったかのように・・・」というのだけは、行動が異なります。
今までも同じ業界ではるので、ときどき、すれ違ったり、同じ場所にいたりすることがありますが、話しかけるどころか、無視してるのにすごい負のオーラをこっちに浴びせてきます。

僕が、辞めさせるときに、相当追い込んだのが原因かもしれませんが、自己愛にも個性があるんですかね。

 せんち | 2015.12.04 6:55

*** はなさん
コメントを拝見して、すぐに、そうだよな~と思いました。
もし仮にボクがウッキーと会ったら無視するかケリを入れるかどちらかで、
それを先方もわかっているから、避けるというか無視するでしょう。
なぜか?
せっかくですので、ボクの考えを事項で書きたいと思います。

 鳳仙花 | 2017.07.10 20:21

皆さん初めましてこんばんは!

数年前に縁を切った自己愛の事ですが、ちょっと珍しい反応をしたので報告です。
 
絶縁後、一年くらいしてばったりその自己愛と会った時の話なんですが、口をあんぐり開けて過呼吸で死ぬんじゃないかっていうような驚愕顔をし、ちょっと目を逸らしたらすぐどこかに消えてしまいました。

当時は自己愛性人格障害なんて知らなかったのですが、うまく立ち回れたのかな、と思っています。
自己愛はちゃんと叩き潰して縁を切らないとダメですねw

 鳳仙花 | 2017.07.27 19:49

先日、前述の自己愛とは別の自己愛とばったり遭遇し、1年ぶり2度目のシカトを敢行してきました。
するとその自己愛、車の中で突っ伏したまま、半日ほど動かなくなり、例年なら1日で終わる仕事を2日かけてやっと終わらせていました。
(仕事で来ていたのと、相手から見えない角度で覗いたので、気を引く為の具合悪いフリでは無いと思います)

どこかで「自己愛はターゲットに逃げられるととてもツライ。たぶん寝込むと思う」という記述を見たのですが、まさか目の前で見れるとは!

個人的な経験則ですが
・自己愛と一悶着
・何事も無かったように寄って来るので無視
・自己愛憤怒を起こすが無視
・ご機嫌取りに寄って来るが無視
ここまでやると寄って来なくなります。

それでも、他人に嘘の悪口を言うか、抽象的な話をして同意を得ると、光の速さで復活するのでしょうが・・・

“何事も無かったように”寄ってきたら、“誰もいなかったように”通り過ぎ、“何事も無かったように”自分の生活を送る。これが一番なんでしょうね。

二人とも長い付き合いだったけど二度と関わりません。
奴らも他の高齢の自己愛同様、加齢に伴って嫌われ、孤立していく事が確定しているのですから、遠くから落ちぶれていく様子を見守って行こうと思います♪

Comment





Comment