Home > ブログ > 自己愛性人格障害(241) すべて他人のせい その1

自己愛性人格障害(241) すべて他人のせい その1

さて、再び、 ソーシャルワーカー、ケアマネージャーは職業として成り立つのか
このブログの、 「すべて人のせい 自己愛性人格障害とは」という項目である。

このサブタイトル「すべて人のせい」という言葉が、
ずっとボクの頭のなかをグルグルまわっている。

人格障害者どもは、自分の虚言、矛盾する言動、その他に無自覚である。
そして失敗したら、すべて他人のせい。
責任逃れの言動に終始し、責任感という言葉とは無縁である。

何度も書いてきたように、
「誰々さんが言ったから」という責任逃れの言い訳は、
人格障害者どもの定番である。

そこで人格障害者ウッキーの登場ですよ(笑)

人格障害者ウッキーが会社の物を盗んだ。
「私は反対したのに、稲増が無理矢理持っていこうと言った」
自己愛性人格障害(095) 何度も同じ言い訳を使う

人格障害者ウッキーが仕事が出来る西村さんを嫉妬して、
西村さんの悪口を周囲に言いまくり、辞めさせるよう画策した。
「私は反対したのに、社長が辞めさせた」
自己愛性人格障害(046) 自分より出来る社員を退職に追い込む

両方とも人格障害者ウッキーの仕業である。
それを他人のせいにしているときの言葉である。

すべて他人のせい。

そして、ここで同じ枕詞、
「私が反対したのに」と使っているのは偶然ではなく、
これ、人格障害者ウッキーが責任逃れをするときの定番文句なのである。
むしろ、この枕詞が登場したら、
それは人格障害者ウッキーの責任逃れだなと思っていい。

他人のせいにするのみならず、
私は反対した、自分の意図に反するのに他の人がやったと、
「すべて他人のせい」をさらに補強しているのである。

物を盗んで人格障害者ウッキーは自分の物にしていた。
西村さんへの嫉妬心を、西村さんを辞めさせることで解消した。
双方、利益を得ているのは人格障害者ウッキーのみである。

そして以前、コメント欄でパンケーキさんが書いていたこと。
「人格障害者は、相手がやったようにしむける」

自分が利益を得る、
あるいは、思い通りの人間関係を作るために画策したくせに、
それは本来、自分の意思に反して、他人がやったと主張する。

「私は反対したのに、誰々がやった」

言うまでもないが、反対したどころか、
自分から言い出したこと、自分がやったことである。

それを、ただ他人のせいにするのみならず、
自分は反対していたと付け加えるところ、
人格障害者ウッキーの人格障害が、
普通の人格障害より強度だと思える点である。

「わたし、わたし、責任感あるから!ウキーッ!」

(続く)

Posted on 2015-01-29 | Category : ブログ | | 8 Comments »
関連記事

コメント8件

 なみだ | 2015.01.29 20:15

》》相手が、やったように仕向ける。
セクハラの訴訟を起こしてから一年経って被告から陳述書が提出されてきたのですが、まさに捻じ曲げ。

TKコーチは、「僕がお母さんにセクハラを受けたんです。」と主張してきました。
『やったのは、相手‼︎』と仕向けてきたのです。
「チームの他のメンバーの事はどうでもいいからうちの息子のことだけに集中してほしい。」
そのことをお願いするために私は膝上20センチのミニスカートに網タイツ姿で彼を自宅近くに呼び寄せ、
「あなたは本当に魅力的なんです。」と言って私のほうに膝を向け体を寄せて「喉が渇いたでしょう」 などと言い体をすり寄せて来たんです書いてきました。

セクハラをされたのは私の娘。そして、裁判を起こしたのは私たち‼︎
ですが今回の陳述書には被害を受けたのは自分の方で、損害賠償請求をしたいのはこっちの方だ‼︎と言ってきました。
その理由として書いている内容は…

全てをここで暴露したいですが、裁判中である以上こちらの手の内や証拠の内容をお伝えすることができません。
知ってもらいたい。私の苦しみを知ってもらいたい。
いつもそんな衝動に駆られながらこのサイトを読んでいます。でも今は我慢しています。

証人喚問は4月15日水曜日に決まりました。
時間が空く理由は、弁護士さんが娘の大学受験を考慮してくれたためです。2月26日最終的な陳述書を提出して証人喚問に望みたいと思います。

裁判と言う行動に出ている以上、ハンドルネームであったとしてもここに書けることには限りがあります。
ぶちまけたいこともたくさん。。。です。

このサイトにお邪魔して、私は少し強くなりました。感謝。
このサイトで出会った方と、別の場所で交流することもできました。感謝。

だから私は1人じゃないと頑張れる。
勝ち負けではなく頑張れる。感謝。

 助けて下さい | 2015.01.29 23:38

なみださん。
私も先日尋問でした。裁判ってこんなに嘘ついていいんだって感じでした。

全て私のせい。俺は悪くない。悪いのはそっち。
悪いのは全て私だと嘘の物語ができていました。
相手が目の前で、ペラペラ嘘をつくのを黙ってみているのがとても辛かったです。
このサイトでせんち様から暴力団について厳しくなっていると聞いていた事で、私は落ち着いてその辺りの主張ができました。私もこのサイトに巡り会えて本当に感謝しています。

なみださん、尋問緊張しますが、頑張って下さい。

 なみだ | 2015.01.30 1:45

助けて下さいさん。。。

コメントありがとうございます。
被告という立場での証人喚問は、大変でしたね。
こちらが発言した事を利用して嘘の事実を巧妙に作り上げるのでとても厄介ですよね。

私は、原告でありながら悪人にされてますから。。。

僕に濡れ衣をきせ落とし入れる為に裁判を起こしたんだ‼︎
と吠えています。争点をすり替える為に必死になって作り上げた嘘は、かなり衝撃的な内容で、子供達が証人喚問に立つのがかわいそうなくらいです。
なんせ、私は夫がいる身でTKコーチにエロ仕掛けする女になっているのですから。
ああ。吐きそう。。。

 なみだ | 2015.01.30 1:58

証人喚問ではなく、証人尋問の間違いでした。
証拠調べとも言うみたいですね。

訂正いたします。

 助けて下さい | 2015.01.30 2:29

お子さんまで立つのですね、母として辛い決断をされ、よく頑張って来られましたね。

私は、そのエロ仕掛け?ならぬ、力ずくで関係を持たれてしまいました。子供の事を考えると誰にも言えず関係を続けたのですが、なみださん親子はエロ仕掛けで済んで良かった。私のような思いをしなくて本当に良かったです。
裁判の事は私もたくさん調べ勉強しました。
なみださんは、ご存知かもしれませんが、セクハラではそのクソコーチの嘘も通ってしまうかもしれませんが、地域によっては、裁判支援をしてくださる方もいます。
人格障害の事もよく分かってくれていました。

本当に許せない。
ここまでしないと離れられない位しつこいし、嘘を吐きまくって、利用できる人は全て使って。
立場が悪くなったら、全部お前のせいだ!ですもん。
どんな脳みそなんだろう?罪悪感ってないのかな?反省もしてない感じでした。
この場を借りてなみださんとお話しさせていただきましたが、私もサイト以外でもお話ししてみたかったです。
ひとりじゃないんだと思うと心強くて

せんち様すみません、ありがとうございます

 なみだ | 2015.01.30 6:21

助けて下さいさん。。。

セクハラ・モラハラをされたのは、私ではなく
私の娘なんです。ですので、原告は娘と息子を含む他2名のチームメート。私と夫が法定代理人親権者として訴状に名前を連ねています。
娘から「助けて‼︎」と告白されて、私が追求するためTKコーチに会った時のことを奴は、『追求』ではなく『色仕掛けしてきた』と騒いでいるのです。
事実をすり替えるために。。。
吐きそうです。でも頑張ります。。。

 助けて下さい | 2015.01.30 14:12

はぁ!!娘さんにですか!

許せない!
自分の教え子じゃないんですか??
それで人のせいにするなんて最低。

頑張って下さい!!

 助けて下さい | 2015.01.31 1:18

続けて投稿すみません。職場でトラブルがあって。すべて人のせいになる結末になってしまうので、ちょうどタイトル通りなので、人格障害ではないかもしれませんが、同じような経験のある方がいたらアドバイス頂ければと思います。

おばさんなのですが、70代。勤務は30年以上。
私が入る前から新しい子が来るとイジメ辞めさせていたようで、年齢も70になり雇い主も退職して欲しいと言えず困っていた所、私が今の仕事の経験があった事から雇い主から声をかけられ何も知らず入社しました。

始めはとてもいい人でしたが、仕事が始まると教えてくれず、見てれば分かるんじゃないの?と。
見よう見まねでやりますが、やれば怒るやらなきゃ怒るで、何度も辞めようと思いましたが周りのサポートがあり何とか2年続けて来ました。
毎日がおばさんの地雷を踏まないようピリピリしながら、仕事していたのですが。

チョイチョイ誰かしら地雷を踏み、おばさんは泣いて怒りドアを激しく締め飛びだして行く事がありました。
先日、私が地雷を踏み現在辞める〜ともめています。
経緯は、私が足が痛いと言った事から、おばさんが湿布を貼りなと持って来てくれました。
それを見た雇い主がこっちがいいよ!と別の湿布をくれたのです。おばさんは異常なやきもち焼きで雇い主と話すと怒るので、私は湿布を断ったのですが…時すでに遅し…

2人になると、突然湿布を床に投げ『私が持って来たのに!持って帰れって言うの!』そこから延々と聞こえるように悪口。
極めつけは、台所に主婦が2人いるから悪いのよ!と言われ、こらえきれず涙が出てしまいました。
地雷踏みました。またドアを激しく締め、今月いっぱいで辞める〜と。
雇い主は待ってました!とばかりに、私には悪者になってしまい申し訳ないけど、このまま辞めて欲しいので私は今月いっぱいお休みしててと言われ休んでいます。
別に辞める騒ぎじゃないので、おばさんに謝ろうと思うのですが、謝ると、『私が悪いみたいじゃない』と怒るし、ほっておくと『辞めて欲しいと思ってる、辞めさせられた』となってしまうので、どの選択肢を選んでも誰かが悪者になってしまうのです。
長文で申し訳ありませんが、このような全て人のせいにする人と働いた方いますか?どうしたらいいのか。
私はこんなおばさん初めてで。もしかしたら認知症なのか?世代なのか?人格障害なのか??

Comment





Comment