自己愛性人格障害対処法

このホームページでは、
自己愛性人格障害と思しき人物と不幸にも関わってしまったならば、
とにかく出来るだけ早く縁を切ることを推奨しています。
それしか根治的な解決には至らないと考えます。

きっと経済的ダメージがあったでしょう。
精神的ダメージはしばらく続くでしょう。
そして周りの人間関係も自己愛性人格障害のせいでかきまわされたでしょう。
自己愛性人格障害者は、あなたが離れたと知るや、
ないこと、ないこと、被害妄想的に悪口を吹聴して、
まるで自分が被害者のように振る舞うでしょう。

それでもなお、今後さらにダメージが深くなることを考えると、
出来るだけ早く縁を切って離れること、これが肝要です。

自己愛性人格障害と関わっていても、良いことは何もありません。
あなた自身が、早く普通の生活に戻り、幸福になるためにも、
一刻も早く、自己愛性人格障害から離れてください。

また、様々な事情で、すぐに離れられない人、
または付きまとって簡単に別れてくれない人、
理解ある第三者に間に入ってもらい、
自己愛性人格障害者と直接やりとりするのはやめましょう。
口頭での約束など、自己愛性人格障害者にとってその場限りの嘘であり、
まったく意味をなさないものですから。

また、自己愛性人格障害は、相手が離れていくと必死でしがみついてきます。
いろんな優しい言葉で懐柔を試みようとします。
しかし、そこで許してしまうと、同じことの繰り返しとなります。
配偶者のDV被害が深刻になるのは、このようなケースが多いのです。
優しく謝られると、今回だけは許そうという気持ちになる。
そこに付け入るのが自己愛性人格障害者です。
自分が何とかしてあげようと思っても、恩を仇で返されるでしょう。

とにかく縁を切る。
離れる。
連絡をとらない。
これしか対処法はないといってもいいでしょう。