Home > ブログ > 自己愛性人格障害(098) 人格障害者ウッキーが半狂乱(笑)

自己愛性人格障害(098) 人格障害者ウッキーが半狂乱(笑)

さて、本題に入る前におさらいを。

このブログの主人公である身体障害者の人格障害者ウッキーは、
ダンナが他に好きな女性が出来たため、
本人は 「ダンナのことが好きだから別れてあげたのよ~」 と言っているが、
実はそれはウソで、実際には何年もゴネにゴネた揚句、やっと離婚に応じている。

人格障害者ウッキーの元ダンナは、きっと離婚が成立した時、
「これでやっと本当に好きな女性と結婚できる!」 と、
高島政伸みたいに泣いて喜んだに違いない。

しかし、離婚でモメた後に犠牲になったのは人格障害者ウッキーの娘である。
離婚でモメる両親、正確には離婚でゴネる母親を見てて、
自分はすっかり結婚する気がなくなったという。
その原因は、人格障害者の基本的な行動パターンのひとつにもある。
詳細は(72)人格障害者はいかに生まれるのか その6 に書いたとおりである。

(離婚に際して)「まともじゃないの方の親」は、自分を被害者にするため、
相手の悪口を、ないこと、ないこと、とにかく言いまくる。(中略)
そしてそれは、人格障害者の母親が、ダンナを知っている一番身近な人物、
つまり娘にダンナの悪口をさんざん吹き込んだからであろう。

これと同じことが、ボクの嫁さんに対しても当てはまる。
ボクの嫁さんは、ボクの会社で働いている。
つまり人格障害者ウッキーと同じ訪問介護の事業所で働いていたのだが、
ボクを知る一番身近な人物ということで、不幸にも白羽の矢が立った。

ボクが、人格障害者ウッキーに、
「もう、これ以上オマエに任せられんわ」 と通告したら、あ~ら大変。
ボクの嫁さんいわく「半狂乱で」ボクの悪口を吹き込んできた、ということである。
もちろんボクがいない時を見計らってのこと。

半狂乱ですよ、半狂乱。
人格障害者が半狂乱だって。そりゃあ見たかったな~(笑)
こうなったら、人格障害者ウッキーの元ダンナと被害者の会を結成するか?!

もう一度言おう。
人格障害者ウッキーが半狂乱(笑)

その話を次回書こう。

Posted on 2013-03-11 | Category : ブログ | | No Comments »
関連記事
Comment





Comment