Home > ブログ > 自己愛性人格障害(097) 外見的特徴 その2

自己愛性人格障害(097) 外見的特徴 その2

他人を外見で判断するのはよろしくない。
しかし人格が顔に滲み出ることに科学的根拠はないが、ボクはあると思う。
そして、それは気のせいではなく、誰しもが感じていることではないか。

例えば角田美代子を見よ。
誤報で別人の写真を掲載したマスコミに対し、
警察は留置所で撮影した本人の写真を公開した。
その業が深く浮き出た凶悪な人相に世間は仰天し、納得したではないか。

大学生の頃、オウム真理教事件があった。
朝のテレビで上祐と青山を初めて見た時、ボクは目がイッちゃってると感じた。
最初、この人たちがオウムとは知らずに、目が死んでると思ったのである。
そして途中でオウム真理教の連中だと知り、よくテレビに出てこれるなと思った。

目がイッちゃっている。死んでる、とボクは直感したのである。

ちなみに最近の上祐は、目が和らぎ、あの時のような異様な雰囲気はない。
年月が彼の心を穏やかにさせていったのだろう。

名は体を表す。 そして顔は男の履歴書である。
もうひとつ、女の顔は請求書というらしい(笑)

作家の森村誠一は、ホテルマン時代の事を数多くエッセイに書いている。
森村誠一は、転職先のホテルに希望を抱いて入社した初日、
上司についた人物の人相が気に入らず、失望したという。
この上司の「顔」だけで一気にヤル気を失くし、やがて作家を目指すことになる。

前回、書いたように、人格障害者ウッキーは異様な外見である。
イグアナを思わせる爬虫類系のシワっぽい顔に厚化粧、
ヘンテコなメガネをつけ、足をクネクネさせて歩いている。
この歩き方がまた、爬虫類なのだ(笑)

森村誠一は、人を外見で判断するのはよくないと書くが、
それでも嫌いなものは仕方なかったと回想している。

森村誠一の直感は正しい。
ボクは人格障害者ウッキーの外見を「生理的嫌悪を抱く」と前回に書いた。
ボクが感じたのは、森村誠一が転職先の上司に感じた嫌悪感と、
おそらく同種のものであろう。

とにかく嫌いなのだ。人格障害者ウッキーの顔が。
ボクの友人が初見で「ソープ嬢の末路」と表現したように、下品なのだ。
顔も、格好も、立ち振る舞いも、何より醸し出す雰囲気に品性がないのだ。

しかし、ボクは社長である。
個人的な趣向はさておき、介護の仕事さえしっかりやってくれればよい。
何より、ボクが一緒に仕事をするわけではない。
責任者として人格障害者ウッキーに多くの権限を与え、任せたのである。

人格障害者に財産と時間を委ねた非はボクにある。これは不明を認める。
しかし、可哀想だったのは他の社員である。

せめてボクが監視していれば、そこまで冗長することもなかったろうが、
ボクは一緒に仕事をしていたわけではないので、
何度も書くように、人格障害者ウッキーは会社の備品は盗む、経費は横領する、
そして、人格障害者ウッキーと一緒に仕事をしていた訪問介護の社員は次々に辞めていく。
それでも人格障害者ウッキーは「良い人が来ないからだ」と責任転嫁。

ボクの直感は正しかったのだ。

*************************

顔の話から少しずれた。

「生理的嫌悪感」は言葉で具体的にどこと説明できない。
顔を含めた、本人が醸し出す雰囲気としか言いようがない。
そしてその大きな特徴が、爬虫類系であるというのは、象徴的ではないかと思う。
そもそも、爬虫類系というだけで、そこに侮蔑の意味合いがあるように思う。
少なくとも褒め言葉ではあるまい。

爬虫類系といえば、ボクは松野行秀が真っ先に思い浮かぶ。
沢田亜矢子が離婚したいというのに、なかなか応じず泥沼のワイドショーネタを提供。
さらに沢田亜矢子からDVの被害を暴露される。
裁判で離婚成立した後も、セックスビデオを公開するとか、慰謝料を請求するとか、
オマエは日本男児かという往生際の悪さ。
その後はホストをしたり、易者になったり、AV男優になったり、プロレスラーになったりと、
話題提供で世間の耳目を引くためだけに迷走を続ける。

もう、ガチではないか。
これを人格障害と言わずに何と言う。

他人を顔で判断してはいけない。
しかし、個人的には爬虫類系の顔がすごく苦手。
松野行秀だけじゃなく、園山真希絵とかも言動が変じゃん。
中田宏も、政治家としては有能なのかもしれんが、顔は好きになれん。

少なくとも、ボクの動物的感覚では、人格障害者ウッキーに感じた嫌悪感、
爬虫類系の顔だけでなく、その醸す雰囲気が、
もう、虫酸が走るくらい生理的に受け付けない。

乃木希典が、成し得た仕事に人格が伴うと歴史家に評価されているとすれば、
爬虫類系の顔に人格障害が伴っているのが、人格障害者ウッキーである。

ごめんなさいね。 もう外見の話はやめます。

Posted on 2013-03-11 | Category : ブログ | | 5 Comments »
関連記事

コメント5件

 ムカムカ | 2013.03.13 20:58

今さらですが
外見的特徴、こうして写真で見るとわかりやすいですね。

大勢の人が「爬虫類の目」と言う理由、私も分かる気がします。
ここに出ている写真だけでも、目が離れていて焦点が合ってなさそうな所が共通してますね。

目が死んでいる、というのもわかります。
やっぱり人間らしい感情や心の動きが無いから、そういう目になってしまうのでしょうか。
獲物を探す目、相手を観察する目。
それ以上は見ていないし見るつもりもない。
ましてや、目に見えない他人の心なんて、想像することもできない
人間でありながら人間らしさが欠けた目、という感じがします。

 せんち | 2013.03.14 6:01

まあ、人格障害だという先入観がそうさせているのかもしれませんが、
本当に目を合わせるのも躊躇ってしまう嫌悪感を抱きます。

 蘭丸 | 2013.06.03 13:08

猫背は聞いた事があります。

ワタシはそこに敢えて付け加えたいのは、あくまで個人的意見ですが、、、、
外見というか骨格?人相の範疇なのか、「ゼッペキ」が入ると思います。

後頭部が絶壁。

あくまで個人的意見です。

 匿名 | 2013.09.25 11:14

ひどい。
後半はただの好き嫌いではないですか。
芸能人の写真を出し、この方々が人格障害者みたいに言うのはどうかと思います。

 せんち | 2013.09.25 14:28

*** 匿名さん
ごめんなさいね。
でも、中田はともかく、
松野と園山の二人って変じゃないですか?
ボクは非常に臭いを感じるのですが。

Comment





Comment