Home > ブログ > 自己愛性人格障害(363) モラハラ 不機嫌アピール

自己愛性人格障害(363) モラハラ 不機嫌アピール

幸せなら手を叩こう。パンパン。
幸せなら態度で示そうよ。
ホラ、みんなで手を叩こう。パンパン。

モラハラと人格障害は密接な関係にある。というか、虚言癖が人格障害に内包されているように、モラハラも人格障害の症状のひとつとワシは思う。そして人格障害の中でもモラハラに特化して別枠で書かねばと思っている。モラハラとは簡単に言えば「精神的な嫌がらせ」と考えてもらえればよい。これが上司部下の関係だとパワハラになり、女性だとセクハラになり、妊娠女性だとマタハラになる。これらをまとめてモラスハラスメント、モラハラで統括してよいのではないか。

ワシが大学の時に弓道部だったという話は以前書いた。同期に桜井一哉という男がいた。一方的にワシの事が気に入らなかったらしく、信じられないだろうが、大学4年間同じ部活にいて会話を交わした事がない。そしてここが奴の幼稚なところなのだが、例えば部活の全体会議でワシが発言すると必ず「舌打ち」をするのである。それも皆に聞こえるように大きく毎回。毎回しつこく。つまりこれは周囲へのアピールなのである。いやぁワシも気分悪いが、周囲も空気が重くなって嫌だったろうなと思う。このようにアピールをするものだから、当然に桜井とワシの不仲。。。というか桜井の一方的な逆片思いは皆の知るところとなっていた。

余談になるが、弓道の夏の強化合宿は部員をいくつかの班にわけて行なう。班長が集まってクジを引いて班員を決める。ワシは班長のひとりだった。班長会議で誰ともなく言い出した。「桜井とせんちは一緒の班に出来ないよね」「いやぁ気を使わせて悪いねえ」「桜井と河合もダメだよね」「あ、それから堀井もダメか」つまりコイツを巡るNGはワシだけでない。原因はコイツの人間性なのである。

逆片思いは人の心の問題だから規制も強制も出来ないので構わない。問題なのは桜井がそれを「周囲にアピール」している点である。なにせワシが発言するたびに大きなわざとらしい舌打ちをするので、ははん、またかと思う。このような不機嫌アピールが精神的な嫌がらせである。具体的な言葉はなくても、態度で不機嫌アピール。この不機嫌アピールで場の空気は重くなり、相手にも嫌な思いをさせるし、なに一つ良いことはない。何のためにこのような態度をするのかわからないが、目標に向かってみんなで頑張っている部活という場において、黙って心に秘めているわけにはいかなかったものかと思う。こんな奴だから当然ワシも好きにはなれなかった。最初は桜井の逆片思いだったのだが、すぐに逆両想いになった。ただしワシがコイツと違うのは、ワシはその感情を態度で表したり、周囲にアピールしたりしなかった。自慢にもならない。当たり前のことだ。

不機嫌なら舌打ちしよう。
不機嫌なら態度で示そうよ。
ホラ、みんなで舌打ちしよう。

Posted on 2018-06-19 | Category : ブログ | | No Comments »
関連記事
Comment





Comment