Home > ブログ > 自己愛性人格障害(046) 自分より出来る社員を退職に追い込む

自己愛性人格障害(046) 自分より出来る社員を退職に追い込む

ボクの会社で、とても仕事が出来て成果をあげている人がいた。
ボクは、いや~良い人に来てもらったと思っていた。
西村雪美さんである。

ところが人格障害者ウッキーはそれが気に入らなかったみたいだ。
何が気に入らなかったのか?

(1)後から入社したにも関わらず西村さんが人格障害者ウッキーより実績を残した。
(2)西村さんは残業をいとわず、懸命に仕事に従事していた。
(3)人格障害者ウッキーは、当初、西村さんの採用に反対していた。

おそらくこんなところだろう。
自分の言うことは全て正しく、自分の言うとおりにしたら間違いない!
と普段から自慢している人格障害者ウッキーにとって、
よりによって自分が採用に反対した西村さんが、
自分より仕事が出来るというのは許せないことだ。

人格障害者ウッキーは、大した仕事もせず、
毎日そそくさと帰って横浜に皆勤賞で遊びに行っている。
西村さんは残業して、仕事も成果を上げている。

そのくせ、「西村さんの方が売上があるわ。ウッキーッ!」
と嫌ぁな顔をして、ぶつぶつ独り言を言っている。

さらにボクは、その人格障害者ウッキーにとって決定的な事を言ってしまった。

「や~西村さんに管理者になってもらって、本当によかったわ」と。

このボクの言葉が人格障害者ウッキーのスイッチを入れたのだろう。
この後、人格障害者ウッキーは必死にボクに西村さんの悪口を吹き込むようになった。
お馴染み人格障害者特有のアレである。
他人が自分より成果をあげると不機嫌になるのが人格障害者の特徴である。

「西村さんはサービス提供責任者ならいいが、管理者としてはダメよ!ウッキーッ!
「西村さんは会社のお金に手をつけた。旦那さんが失業中でお金に困っているからだ」
「西村さんは残業代目当てで必要ないのに残業している!ウッキーッ!」

こんな悪口を並べたて、ついには西村さんを辞めさせようと言う。
西村さんの名誉のために言っておくが、
これらは西村さんを陥れようという人格障害者ウッキーのウソであり、
このような事実はない。

ボクは「ちゃんと結果を出しているからいいじゃないか」と言うと、
「それは私がフォローしてるからよ!!ウッキーッ!」と言う。

さらに、「私、代わりに良い人知ってるの!」
と言って、西村さんの代わりの人まで連れてくるという。

とりあえず面接して、代わりに連れてきたその人は採用することにした。
問題は、責任ある管理者を西村さんとその人を交代させるかどうかだ。

人格障害者ウッキーが、その代わりの人を誘う際に、
「社長にはちゃんと言ってあるから!」と豪語していて、
本人は管理者として採用されると思ってきているらしい。

ここでボクの不明を認めねばならない。
苦渋の決断で西村さんと代わりの人を交代させることにしたのだ。
西村さんがいくら仕事が出来ても、
人格障害者ウッキーとの関係が良くなければ、
これは全体の仕事に支障が出るかもと懸念があったこと。

西村さんは、それを機に退職してしまった。

さて、その後どうなったか?
代わりの人も良い人ではあったが、西村さんほどではなく、
売上が目に見えて下がってしまった。

ボクは人格障害者ウッキーに問うた。
「なんで西村さんを辞めさせたんだ?」
すると人格障害者ウッキーは取り乱して半狂乱になった

「違う!違う!全然違う!!私はそんなこと言ってない!ウッキーッ!」
「私は反対したのに、社長が辞めさせた!ウッキーッ!」

いえ、ボクは社長だから、すべての事に責任は持ちますよ。
対外的には全てボクが責任をとる。当たり前だ。
しかし社内的には違う。あらゆる仕事には責任が伴う。
それは現場で従事している社員も同じだろう。

しかし、人格障害者ウッキーは、あくまで自分の責任と否を認めず、
あろうことか、他の社員にまで「西村さんを辞めさせたのは社長だ」と吹聴していた。
もちろんボクがいると、反論され嘘だとバレるので、
あくまでボクのいないところでのことである。

しかし驚く。

西村さんの悪口を言いまくり、代わりの人まで連れてきたくせに、
そもそも「西村さんに来てもらって良かった」と言ったボクが、
よりによって人格障害者ウッキーの反対を押し切って辞めさせたとは。
これは人格障害者ウッキーの頭ん中で、どのように整合性をとっているのだろうか。

西村さんが実績をあげているのに苦々しく思っていて、
それは自分がフォローしているからと自分の手柄にする。
あることないこと吹聴し退職に追い込む。
その自分が言い出したことを他の人が言ったことにする。

どうよ、この人格障害者っぷり。
信じられないかもしれないけど、 これ、全部、実話っすよ。

Posted on 2012-09-11 | Category : ブログ | | 17 Comments »
関連記事

コメント17件

 名無し | 2013.04.02 7:52

うちの職場にも人格障害の方がいました。
その方は係長、被害者は部外という関係でしたが。
自分より学歴が上、仕事が出来る部下が許せない様でした。(女の子に慕われていたのも原因かも。係長は独身でしたし。)ありとあらゆる仕事を部下に押し付け、部下のやった仕事を自分の手柄にする。散々世話になっているはずなのに、人前で部下をまるで駄目人間の様に罵倒し、相手を下げ自分を上げる。そうしないと自尊心が保てないのでしょうね。
皆、分かってますよ。本人は小細工しても周りは関わってはいけない人と避けられていましたし。
若い女の子には優しく媚びを売っていましたが、嫌われていました。
部下に言う嫌味がそっくりそのまま自分だという事に気付かない。嫌みを言っている時、鏡を上司の目の前に置いてやりたくなりました。どこにでもいるんですね。

 せんち | 2013.04.02 10:43

*** 名無しさん
まず最初に、何でもよいので、
「名無し」以外のニックネームをお願いします。
以前、ちょっと誤解が生じたことがありますので。。。

学歴、職歴、職能、異性にモテる、
これらって、人格障害者が気にする体面の典型ですよね。
あと、肩書きとか。

名無しさんの職場では、皆わかってるならば、
結構、笑えるんじゃないでしょうか。また言ってるよ、とか。
まあ実際に被害にあったら、笑うどころか、嫌って避けるしかないのですが。

 ゆみこ | 2013.11.18 10:49

あるあるだ(´・c_・`)くわばらくわばら

 チェジ | 2013.12.22 21:00

西村さんが能力があるとわかっていて、ウッキーさんに問題があるとわかっている。シンプルにウッキーさんに退職して頂くことがまっとうだと思うのですが。会社の業績を下げてまでウッキーさんのご機嫌に合わせないといけない理由があるのでしょうか。(主要顧客、大株主の娘とか)

 せんち | 2013.12.23 8:29

ウッキーはまったく一介の社員に過ぎません。
ただボク自身が、人格障害者の言う虚言を信用し、
そして利用された見る目のない経営者であったと、
そこに尽きるのではないかと反省しています。

 えみ | 2014.06.09 14:23

私の会社にもいました。
今までにあったことがない人で、自分の事を言われてる勘違いし,
探し回ったり、行動を監視したり、ストーカーかと思うくらいです。おまけに日中仕事をしないで、無駄に残業をやる。自分よりできる人に対して、大したこともない事をわざと周りにわかるように罵倒したりです。そして、自分のミスを人のせいにして、自分の非を認めず、なんかずっと恨み続けるみたいな人でした。そしてどうもおかしいことに気が付いて、たどり着いたのが、自己愛性人格障害にたどり着いたんです。一歩間違えたら、犯罪者と紙一重ですよね。

 たま | 2017.02.13 15:14

色々調べているうちに、こちらのブログにたどり着きました。
読んでいてとても驚きました。全てがぴったりと当てはまっていたからです。

私は男性ばかりの小さな会社に勤めています。
事務員は私を含めた女性2人、相手の女性は50代バツイチ。
社長のツテで入社をしてきた方で、社長の片腕であると豪語していました。
実際は日中はネットとおしゃべり、
仕事はすべて私に押し付けて自分がやったように社長に報告していました。
私は今年、産休から復帰しました。

産休をとる以前から、
「きち〇い」「あなたの仕事は猿でもできる、私の方が大変」
「あなたは誰からも期待されていない」等、
様々な言いがかりをつけられて鬱になる一歩手前まで追い詰められていました。
私を入社させたのはこんなこと言っている彼女本人です。
私は思いのほか仕事に躓くことがなく、
すんなりと他の社員さんたちと交流ができるようになったあたりから、
マウンティングが始まったのです。

そんな状態を3年ほど耐えました。
私は産休をとることになり、半年ほど会社を休みます。
半年で復帰になってしまったのも、
自己愛からの圧力で復帰せざるを終えない状況にもっていかれたからです。
私の代理に、自己愛の友人が入ってきました。

復帰する一週間前、思っていた通り私を退職させる方向に動いてきました。
代理で入ってきた自己愛の友人と一緒になって、
退職に追いやる材料を一生懸命探していたようです。

PCからなにから、私が社外に機密情報を流している様に見えるメールを社長に差し出し、
「こんな子はやめさせよう」と言ったそうです。

私の前任、その前々任、自己愛に意見した男性社員など、
彼女が入社して4年の内に、4人が退社しました。
それを全て私に脅しかけるように、
「社長は私の味方、辞めさせるのは簡単。長く勤めたいのなら私の言うことは聞いた方がいい」と言っていました。
正社員は簡単にはやめさせることはできません、
なのでウソであるのはわかりますが、
彼女の思った通りに進んできたことが障害を助長させたのでしょうか。

自分も確認しましたが、どこからどう見てもそうは見れない内容のメールでした。
社長もおかしいことだと付き返してくれたため、私は復帰できることになりました。

しかし社内は異様な感じで、双方両成敗といった雰囲気です。
ある社員さんから、まったく違った内容で今回の退職騒動が伝わっていると聞きましたが、
もう関わりたくないので詳しくは聞きませんでした。

自己愛を今までのようにお昼に誘ったり、
日常会話をするような社員はいなくなりました。
お昼休みにこれ見よがしに泣いてみたり、
自らみんなを避け悲劇のヒロインになりきっています。
彼女にとっては初めての失敗だったのか、
裏切られたと周りに触れて回っており、
今度は社長を悪者にして自己を保っているようです。

その一方で、私物が捨てられるなど私にしかわからない嫌がらせを続けています。
恐ろしくてもう社内の誰かに相談することもできません。
嫌がらせは私が辞めるまでずっと続くのでしょうか。
転職先を探してはいますが私が辞めても、
あとに来る人が自分と同じ思いをするかと思うと胸が苦しくなる毎日です。

 せんち | 2017.02.14 8:55

*** たまさん
やー、本当にびっくりしますよね。
あまりの見事な一致具合に、おまえら裏で相談してんじゃないかと思うくらい。
逆に、たまさんの話が、あまりに人格障害者ウッキーと一致するので、
ボクもびっくりしています(笑)

個々の事情はあるかと思いますが、
お産の前後で3年間もよく耐えましたね。
3年という短くない期間、よ~くわかったのではないでしょうか。
「コイツと一緒にいたらヤバい」と。

たまさんが辞めても、後に来る人が自分と同じ思いをするか、するでしょうね。
しかし他者を思いやる心も大切ですが、まずはたまさん自身の事が大切です。
無責任に言いますが、さっさと辞めてしまえばいいのではないでしょうか。
そんな余裕は、猶予はないです。

50代のババアになって、これから改心するとか変わるとか、
ゼッタイあり得ないと思います。

それにしても・・・たまさんのコメントを読んでいると、
その50代のババア、本当に気持ち悪いですね。

 乙女座の音楽家 | 2017.02.14 10:14

せんちさん·たまさん

こんにちわ。
もしよかったら、以下の記事を読んでみてくださいね
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170214-00157738-toyo-soci&p=1

東大から大学院に進み臨床心理士になったものの、凄まじいパワハラが原因で難病になり寝たきりになってしまったシングルマザーのお話です。

 せんち | 2017.02.14 12:34

*** 乙女座の音楽家さん
読みました。
可哀想でなんとも言えないですね。

 たま | 2017.02.14 14:45

せんちさん:乙女座の音楽家さん

本日、自己愛さんはきちんとバレンタインのチョコレートを用意して男性社員全員に配っています。
顔はなんだか怒っています。
自らみんなを避けていたのに、どういう解釈からチョコを用意したのかまったく理解ができません。

URLの記事、読みました。
こんな団体が存在することに悲しくなります。
私は恵まれている方ですね。

ここに自分の体験を書いて返信をもらえたことに、なんだかとても心がすっきりしました。
お仕事は、転職先を探しながらいつでも辞められる状態を作っていこうと思います。
せんちさんのおっしゃる通り、自己愛はテレパシーかなにか特殊能力があるんじゃないかというほど同じ行動をとるのですね。
過去の記事を順番に拝見させて頂いています。
開くたびに「わぁぁぁ」と声を上げたくなるほどの驚きです。

そうですね、改心はなさそうですね。。
耐えてきた3年間、一冊本が書けるんではないかと思えるほどいろいろありました。
向き合ってみたり、服従してみたり、仲良くなれる方法をいろいろ試してきましたがもう手が尽きました。
復帰できなかった時に訴訟を起こすつもりで残していた、いつどんなことをされたかメモをとったいたものを改めて読み返してみました。
自分でもよくこんな心理状態で仕事ができていたなと不思議に感じるほどの罵られっぷり…メモの中の私は、完全に自己愛の言葉に自身を支配されていました。
産休をとることができたのが、自分を取り戻すきっかけになったのかもしれません。

自己愛は普通の人間ではないということが、せんちさんの記事を読んで、改めて、痛いほどよくわかりました。
このなんとも説明しがたい、「普通の人間ではない」という表現は体験した人にしかわからない。

せんちさんのブログのように、
自己愛性人格障害についてもっといろんな人に知ってもらえるような活動ができたなら、と思いました。
まずは自分の家族に、そして幼い子供には普通の人間でない人もいるのだという手記を渡したいと思います(笑)

自己愛は今、だれも味方がいない状態でいつまで持つのか少し興味が出てきました。
転職活動をしながら、しばらく観察を続けてみます。

 せんち | 2017.02.14 15:12

*** たまさん
うわぁ~~~~~って何かと言うと、コレです。
自己愛性人格障害(185) 年齢相応の人生経験
人格障害者どもは、モノをあげるか、悪口で共通の仲間を作るしか、
人間関係を維持する術を知らないんです

普通の信頼関係に基づく人間関係を構築したことがないのでしょう。
せっかく扉が開いたのだから、じっくり観察をして、
どうせ退職するなら、もう何と思われたってかまわないじゃないですが、
ちょいとつついて反応を楽しんでみては?

例えば、恥ずかしいくらいに褒め上げてみるとか、
~さんのことをどう思う?と振ってみたり。
あははは。

 たま | 2017.02.14 16:21

うわぁぁぁ
これです、まさにこれです!!!
今までの記憶が蘇ってきました。
顔の形状から表現方法、行動、経験則までまるでコピー人間です。
恐ろしい、こんな人間が普通の人に紛れているんですね、本当に恐ろしいです。

そうですね、もう自己愛との人間関係は破綻しているので少しつついてみます。
また自己愛に関する事件が勃発していると噂が入ってきました…

またご報告させて頂きます。
ありがとうございました!

 四方山 | 2017.02.21 20:21

自己愛は本当に足引っ張りが大好きですよね。
嫌がらせにばかり精を出している自己愛が周りより仕事が出来ないのは当たり前なんですけど妬み嫉みで自己愛憤怒。
自分を伸ばす努力は全くしないのに嫌がらせには時間と労力を惜しまない。
他人の才能は絶対に認めず自分より優れている人間は全員潰す。
収入や学歴にちょこちょこと探りを入れて来て自分が勝てないとなると出身地や趣味を貶してとにかく優位に立とうとする。
今私に嫌がらせをしてきている自己愛は仕事が出来る出来ない以前に無収入ですから個人対個人では勝負にならないですからね。
陰湿が服を着て歩いているような自己愛がよくも他人を陰湿認定出来るなと思うのですが、、、しかも主語がデカい。同じ地域に住んでいる人間が全員同じ性格のわけがないんですけどね部屋から出ないからわからないのでしょう。
前に自己愛にしつこいんでやめてもらえますかと言ったら便所に糞して何が悪いと言い返してきたんです。ネットはもうアングラなものじゃなくなっていて誰でもやってますからね。自己愛が裸で街に飛び出してきてそこらじゅうにうんこをして回っているような状況ですよ。やめるように言うのもダメージがあったと判断してしつこくなるだけだから何も言わないほうがいいんでしょうけど。もう限界だやめてくれではなく、しょうもない子供じみた嫌がらせはやめてねという意味だったのですが。

引きこもっていて友人がいないようでかまわれたいのもあるのでしょうが依存され付きまとわれていい迷惑です。私以外にも自己愛のうんこ嫌がらせを受けている人は沢山いるみたいだし、事故か病気で早く消えてくれれば被害を受ける人も減るんでしょうけどね。

https://twitter.com/sknemu/status/820372251262365696

こういう肉親が自己愛かまってちゃんで被害を受けている方は逃げ場もないでしょうし想像しただけで恐ろしいですね。

 たま | 2017.05.24 17:30

せんちさん、お久しぶりです。

以前上記のコメント欄に自己愛さんのことを聞いていただいた、たまです。

あれから私はまだ自己愛さんと一緒に働いています。
私のことは完全無視です。
私としては無視をされている方が楽になりました!

・必要な書類を渡してくれない
・責任をなすり付けられる
・私物を捨てられる
・ラインの友達登録を削除される
・勝手に休み扱いにされる
・出勤日を有給扱いにされる

などなど、書いていたらきりがありませんが細々とした嫌がらせは毎日続いています。

私を復帰させまいと起こした行動から3か月以上たち、まわりの社員たちも何事もなかったかのように振る舞っています。

ただ、彼女だけは何かと戦っているのです。
会議には勝手に欠席をし、仕事中に免許更新にでかけ、お昼休みも時間通りに帰ってこなくなり、以前に増して業務態度がひどくなりました。

私と会話をした人にはきつく当たり、その人の業務を後回しにするなど嫌がらせをします。
ずっと表情も暗く、笑っているのを見ていません。
どす黒いなにかを背負っているような雰囲気です。
男性社員は事務所に帰ってこなくなりました…

そんな感じなので、自己愛さんには誰も話しかけません。
それが「なぜなのかわからない、あいつのせいだ」と私のせいにしていると業者さんから聞きました。

美容院に行ったのに誰も気づかない、
ネックレスを変えたのに誰も気付かない、と社長に書類を投げたそうです。

つい先日、社長から
「自己愛さん、辞めるかもしれないから内密に段取りを進めましょう」
とお話がありました。

まだ詳しくは聞いていないのですが、
みんなが自分を避けている・私から無視されている・嫌がらせを受けている、と涙ながらにうったえられたそうです。
社長は、ややこしいなら辞めてください、と言い返答待ちとの事でした。

私は、辞める辞める詐欺ではないかと思っています。

以前、私は会社の為ならいつでも辞めるつもりだから!!
と私に言っていました。
本当ならとっくに辞めていると思います。。

来週、社長から詳しくお話ししてうれるそうなのでまたご報告を致します。

 たま | 2017.07.14 11:00

せんちさんお久しぶりです、上記投稿のたまです!

以前の投稿からまたいろいろありました。
本当なら6月末で退職だったの自己愛さんですが、まだいます。

自ら「嫌がらせを受けているから辞めようと思っている」と社長に訴えかけて、
自分にはプライドがある・ゆずれない信念がある・誓ってパワハラのようなことはしていない、と聞いていないのに2時間近くしゃべっていたそうです。

その後、詳しくは教えてくれませんでしたが、親類でも普通言わないような暴言を吐いてきたと社長がおっしゃっていました…
なので、6月末まででお願いしますとなったそうです。

6月某日、自己愛さん「今月で辞めるなんて言ってない!!」と突然キレだしました。
みんなびっくりです…
一応、辞めると決まってから今月で退職します、と従業員の前であいさつをしたのです。

身辺整理がある、一か月退職をばして何か問題でもあるのか、と騒ぎ立てて結局まだいます。
一応7月末までの予定になりました。
また伸びるかもしれません。

「私がいなかったらこの会社はつぶれる」と会社の近隣の方に話していました。
次の仕事が決まっていないためか、取引業者に電話をかけ「辞めさせられる、理由は言えない。仕事が決まっていなくて困っている」と言っています。

今月から、タイムカードを押さずに午前中で帰るようになりました。
「有給とかはもう関係ないから。午前中で帰らせてもらう」
と怒鳴られました。
一日きっちり働いた、ということにするんだそうです。
もう言葉がありません。

社長もまわりのみんなも、白い目でみているなか毎日何かしらの暴挙にでてきます。
すさまじいメンタルです。
あんなにまわりから嫌われるのを怖がっていた人が、なぜこのようになるのか…。

書いていても、初めて読んだ人は作り話だと思うだろうなと感じます。
ここまでとは本当に驚愕しています。

 笛吹き | 2017.07.14 14:22

私の近くに居る自己愛も辞める辞めると言いながら
まだしがみついています。

半ば強引に息子を入社させた自己愛は自分が社長になって
息子を専務に置き、私や目障りな管理職をを辞めさせて、自分がお気に入りの女の子を入社させ…みたいな青写真を描いて居た様です(実際にあちこちで悪口とともに喋りまくっていた)

正体がばれてきてハブられる形となってもなお、しがみ付いています。

普通の人なら居られないと思いますが自己愛は平気ですね
むしろ自分(自己愛)の素晴らしさに気が付かない周りの人間が馬鹿だと言いたげです。

いろいろ分かって見ていると滑稽です

下手に刺激すると何をしでかすかわからないので
正体を知った人は距離を置いて用心しています。

Comment





Comment