Home > ブログ > 自己愛性人格障害(333) 汚染された記憶

自己愛性人格障害(333) 汚染された記憶

清原が覚醒剤で逮捕されたのが、野球ファンとしては残念でならない。ワシの世代にとっては清原はまさにかつてのONのようなスター選手の代表格であったし、PL時代からずっとテレビで見ていた。生涯成績を見ても、清原より上の選手は王や野村、張本といった歴史上の人物しか見当たらない。神に祝福されていた清原がどうしてこのような事態になったのだ。嘘だと言ってよ清原!と叫んだかつての少年たちは多い事だろう。もちろんワシは覚醒剤など見た事も触った事もないが、テレビなどで医師や経験者がその怖さを語っているのを見ている。いわく「脳が破壊される。一度破壊された脳は元には戻らず、一生薬物への欲求と戦わねばならない」とのこと。そうか、一度やると、二度とやっていなかった「キレイな状態」に戻る事は出来ないのか。怖いな。

ワシは「水と油 - モラハラ被害 現在進行形 –」を今でも読み返す事がある。それに伴い、いろんな人のモラハラ被害のブログなどを検索して読んでいる。ついワシの嫁さんに当てはめて想像すると、もう頭が痛くなるくらいツラい気持ちになる。ワシの嫁さんがモラハラ被害に遭って「にぃ~」と泣いている所を想像すると、もう居ても立ってもいられなくなる。小さな子供が巻き込まれる事件事故に、同じ年代の子供を持つ親は、他人事ながら悲しく思う、それと同じ気持ちだと思ってもらいたい。

人格障害者どもの被害に遭うと、まるで脳が侵された感覚になる。今まで遭遇したことのない不条理さ、話が通じない怖さ、唖然として言葉も出ないような言い訳、今まで培ってきた常識がことごとく壊される。そしてそれは時間が経過して薄らぐ場合もあるだろうが、そうでない後遺症的なものも大きな被害のひとつであると思っている。何故、ワシがこんなブログを書いているのか、ふと考える事がある。もちろん人格障害そのものに対する興味もあるだろうが、やはり今でもウッキーの事が許せない気持ちがあるのではないか。それは即ち、いまだ囚われている事に他ならない。これはワシが素直に認めなければいけない部分だろう。もう随分時間が経つのに、いまだに、こうしてブログにネタとして書く意欲があるという事実。散々「魔女」に食い物にされた島倉千代子が記者会見で述べている。「今でも法律が許すなら、刺してやりたい」と。ワシも同じ気持ちである。

人生は誰問わず平等に一度きりである。一度きりの人生で起きた事は、全て自分の人生の履歴として記憶の中に記録される。もちろん忘れてしまう事もあれば、忘れ得ぬ事もあるだろうが、こと人格障害者に侵された心は深く記憶に留まり、あたかも覚醒剤の毒に侵された脳のように、一生その記憶と戦わねばならないのではないか。何より、このブログを書いているワシ自身がそうなのではないか、そう考えると怖くなる。ワシは一生、この記憶と共存していかねばならないのかと。過去を変えられない以上、もう二度と人格障害と出会う前の「キレイな状態」に戻る事はないのだろうかと。人格障害の被害に遭った人の多くは気付いた時点で縁を切ったりしているだろうが、それでも尚、記憶と戦っているのではないだろうか。

記憶と戦っている。。。そうなのだ。

水と油 - モラハラ被害 現在進行形 –」を初めて読んだ時、最初からずっと辿って読んでいってたら、家を出るところで更新が止まった。そして妹さんが登場して「自ら命を絶ちました」と報告があり、まるで力石徹が死んだ時のような衝撃的な展開に驚かされた。まさかこんな結末が待っていたとは後味が悪過ぎる。救いがない。筆者のshizukuさんの遺稿の記述は「いったん本気でモラ夫に刃を向けてしまったら、その先の道のりが、今まで以上に険しくなってしまうであろうことを、頭では理解していたが、現実はもっともっと厳しかった。」で終わっている。何があったのか非常に気になって仕方がない。モラハラ夫と別れ、別居して、さてこれから新たに人生を始めるぞところで、shizukuさんは自殺してしまう。離れてホッとしたのではないのか、これから新たに人生を始めるのではないのか、モラハラ夫とリアルタイムで接している時は頑張っていたのに、離れてから自殺だなんて何故だという思いがあった。しかし、今は、多分、理由はこれだろうなというのがわかる。

恐らく、shizukuさんは、モラハラ夫の被害が根深く自分の脳の中を浸食しているのに気付いたのだろう。離れてみて初めて、この被害は離れてからも続くという事に気付いたのだろう。モラハラ夫から離れて家を出れば、そこから新しい人生が待っていると希望を持っていたのだが、実はその後も深く刻まれたモラハラの日々の記憶が消えずに、永遠に人生に影を落とし続ける、その事実に愕然としたのではないか。一生、あのモラハラの記憶と共存しながら生きていくことに耐えられなかったのだと思うのである。過去は消せないし、記憶は永遠に残り、二度とモラハラ夫に汚染される前の「キレイな状態」に戻る事は出来ない。モラハラ夫から離れた事で初めて、その事実に気付かされ、絶望したのではないだろうかと思うのである。

Posted on 2017-08-16 | Category : ブログ | | 5 Comments »
関連記事

コメント5件

 mon | 2017.08.16 8:48

姉に300万円貸したものです。せんちさんが言うとおり、弁護士に相談しようと思います。経過は今後も報告したいと思います。ところで、建築系の下請け商売をしていますが、元受けの忘年会や新年会に行くと自己愛野郎がうようよいますね。何だか年に1回2回しかその元受けの仕事をしないような職人や、2万3万の仲間の手間代を払い渋るような乞食職人がここぞとばかりに自己アピールをしていて反吐がでそうになるので、私は近年ほとんどバックレています。せんちさんは主催する側でしょうが、介護関係の忘年会はどうですか?

 せんち | 2017.08.16 12:06

*** monさん
ワシもサラリーマン時代は会社の飲み会嫌だったなー
介護関係のオバハンたちは、そうでもなかったです。
テレビ局関係はクソでした。

  | 2017.08.16 12:45

モラハラ 自己愛 洗脳 あらゆる毒にがんじがらめにされて
全身が憎悪の塊になっている気がします。
楽しみだった盆休みも、自己愛への憎悪で心が占領されて
最悪でした。
実は私はカトリックです。
しかし3年前に母が亡くなるまでは、自分が洗礼を受けていることすら知りませんでした。
なので教会にも行ってなかったし、
ある意味、偽善的で自分らは特別、と思っているような
うちの親戚の信者どもが大嫌いでした。
母が亡くなってから、母へ祈りをささげるために
教会に行くようになりました。
そこで気付いたのが、カトリックの教え自体は
大変まっとうで偽善的なものではないこと。
敵を愛し、自分を憎む者のために祈れ。なんて
できっこないじゃないか、バカじゃねーの?と
思うけれども
そこを苦しみもがき血反吐を吐いて
相手をゆるせば、自分が憎悪という魔物から
解放されるんじゃないか?
理屈では判るんだが
実践できないです。
でも、良いことだとは思います。
自分を殺すか、相手を殺すか。
そんなことより、自分は、自分を縛る憎悪から
解放されたいとおもいます。

 ちーさん | 2017.08.17 12:26

332でコメントしました、ちーさんです。

せんちさん、お名前を間違えてしまいましてすみませんでした。

shizukuさんの夫はどこかで生きているのですよね。
そして…息子さんはどうしているのかな。
子どもを持つ母親としては、本当に心配です。
なんにもできないのですが…。
苦しいです。

 TAKA | 2017.08.21 16:03

随分前のことですが、「自己愛性人格障害(029) これしか表現ができない」と「自己愛性人格障害(016) その場にいない人の悪口」にコメントを投稿させて頂きました TAKA と申します。

ようやく全部終わりストレス源から離れることが出来ましたが、それでもな、お脳のリソースを奪われたままで、まさに「記憶と戦っている」という状態です。一刻もはやく忘れたい気持ちもありますが、記憶が定かなうちにその体験を残しておきたいなあとも思い少しずつ綴っています。いつか公開できる形にして、被害に苦しむ人の参考にしてもらえたら良いなあと思っています。

Comment





Comment