Home > ブログ > 自己愛性人格障害(328) 人格障害者どもから「遠くへ行きたい」

自己愛性人格障害(328) 人格障害者どもから「遠くへ行きたい」

人格障害者ウッキーに続くスター、人格障害者チエミちゃんに関しては、
当事者のワシの友人が「楽しみにしてるんだから、早く続きを書いて!」と言っている。
いろいろ構想を練っているので、今回は少し他の話題を。

*****

ジェリー藤尾はタレントの渡辺友子と1964年に結婚している。
以来、理想的な家族としてテレビやCMに揃って出演していた。
娘が二人いて、おしどり夫婦であり、田園調布に居を構え、
渡辺友子は良妻賢母として知られていた。

ところが結婚20年目にして夫婦不仲が報道され始めた。
そして渡辺友子が家を出てしまい、ついには離婚してしまう。
ここからの展開が興味深い。

渡辺友子は、週刊誌でジェリー藤尾の悪口を言いまくった
いわく、「酒浸りの生活」「家庭内暴力をする」「自分の両親との不仲」
「経済的に困窮し、私と収入が逆転した」などなど。
世間はジェリー藤尾の今までのイメージとは真逆の素顔に驚いた。
この暴露のせいでテレビなどの露出が減り、仕事が激減したという。
一方で、ジェリー藤尾は沈黙を守り、渡辺友子を批難することはなかった。

夫は沈黙していたが、妻は一方的に悪口を吹聴しまくっている。
いいですか、これが重要ポイント。

世間の人たちには、夫が悪者で、可哀想な妻、ということで定着。
みな、渡辺友子に同情し、完全に被害者として扱われた。
ジェリー藤尾は実際の仕事に影響が出るほどであった。

さて、ここからが、ちょっと泣ける話。

離婚となると、二人の娘の親権が問題になる。
通常は母親が引き取ることが多いようだ。
ましてや家庭内暴力や酒浸りの父親などには子供は委ねられない。

ところが、なんと、二人の娘は、父親を選択するのである。
母親ではなく、父親と一緒に暮らしたいと。
世間からバッシングを受けていたジェリー藤尾は、
この娘二人の選択に涙したという。
娘のひとりがインタビューで答えている。

「黙っているのをいいことに、お父さんが全て悪者になっている」
「記者会見を開いて本当の事をしゃべっちゃおうかとお姉ちゃんと話していた」
「あの人(母親)はクズ」

離婚の原因の真相は、ジェリー藤尾にあるのではなく、
渡辺友子の浮気や派手な男性関係であった。
ジェリー藤尾がそのことをやっと口にしたのは近年になってからである。
それまでは世間のバッシングにも黙して語らずであった。
漢(オトコ)よのう。

*****

片や悪口を言いまくり、片や沈黙を守っている。
このブログを読んでいる人たちには、どこかで見た風景であろう。

かつて、ワシはこのように書いている。
自己愛性人格障害(080) 人格障害者はいかに生まれるのか その6

「まともな方の親」は、子供への影響を考えて相手の悪口を控える傾向にある。
「まともじゃないの方の親」は、 自分を被害者にするため、
相手の悪口を、ないこと、ないこと、とにかく言いまくる。

やましいことがある奴ほど、しゃべりまくる。
言い訳をしゃべりまくる。
嘘でも何でもでっちあげて相手の悪口をしゃべりまくる。
自分は被害者を装い、相手を悪者に仕立てあげるため、しゃべりまくる。

ジェリー藤尾のエピソードの中での救いは、
娘二人が真実をわかっていたこと、
その真実が世間に知れ、逆にジェリー藤尾は男をあげたことだろう。
つらい経験だったろうが、そんなクソババアとは離婚して正解だ。

世の中の人格障害者どもが正体を露呈し、
このように世間に認知されますように。

Posted on 2017-04-20 | Category : ブログ | | 4 Comments »
関連記事

コメント4件

 しろた | 2017.04.22 8:10

みなさまおひさしぶりです。

やましいことがある奴ほど、しゃべりまくる。
言い訳をしゃべりまくる。
嘘でも何でもでっちあげて相手の悪口をしゃべりまくる。
自分は被害者を装い、相手を悪者に仕立てあげるため、しゃべりまくる。

今その状況に陥ってます。
楽しかった仲間とのひとときが崩壊しつつあります。
原因の人はいつも楽しそうです。
人を傷つけても平気です。

もうわかり合うことはできないんだから
こっちのことはほっておいてほしいのに
何故あそこまで執拗に追いかけてくるのか。
本当に人の皮を被った何かとしか思えません。

私含めみなさまの平穏な生活が戻って来るよう
心から願ってやみません。

 匿名 | 2017.04.23 8:45

はじめまして

 せんち | 2017.04.23 9:49

*** 匿名さん
はじめまして。
こちらをまず参照してください。
http://jikoai.fool.jp/?p=1375

 のんのん | 2017.04.23 16:31

うーむむむ…雄弁、多弁、あることないこと言いまくり…
記憶の改ざん、捏造…
なんだか実弟みたいです。

姉の私と血は繋がっている同父母の弟君、血は水より濃くないケースもある様です。苦笑

兄弟姉妹、親子も夫婦も仲が良ければラッキー、好意の対象人物であればそれはそれは何よりの事と思いますけどねえ…尊敬できる上司、友人、本音、自然体で楽しくお付き合いできる人間関係が一番いいなあ。

Comment





Comment