Home > ブログ > 自己愛性人格障害(326) 期待の大型新人 part 1 長文で膨大なメッセージ

自己愛性人格障害(326) 期待の大型新人 part 1 長文で膨大なメッセージ

漫画家の矢口高雄が大好きで、
彼の漫画も絵に品格があって好きなのだが、
彼の書くエッセイも人柄溢れた文体で大好きである。
その矢口高雄のエッセイの一人称が「ボク」なので、
このブログでも、それを真似て「ボク」をずっと使っていた。
しかし、個人的なことながら・・・今日から一人称を「ボク」から「ワシ」に変えます!
40歳を超えて、これからどうやって人生の後半に向かおうかと思案していることと、
老齢になってもずっと使える一人称ということで、
このブログにおける一人称を「ワシ」にします。

*****

昨年はベッキーのゲス不倫から始まり、
甘利大臣を辞任に追い込み、さらに酒鬼薔薇聖斗に接触するなど、
週刊文春が「文春砲」の異名をとるくらい勢いがあった。
文春の記者によると、スクープを次々に出し話題になることによって、
文春なら採り上げてくれるのではないかと、
向こうからネタの持ち込みが増えるそうである。
まさに理想的な相乗効果である。

人格障害の事をいろいろ調べていると聞きつけ、
ワシも周囲から「実は・・・」と告白されることが多くなった。
被害の大小はあれど、様々な人格障害の事例が、
リアルなほんの身近でも多々あることに驚かされる。
体感では10人集まればおかしな奴が1人はいるような気がする。
今回のネタもその内のひとつである。

実を言うと、以前書いた『自己愛性人格障害(298) 人格障害を呼び込む人』、
この中に出てくるテニスサークルの話である。
この老舗テニスサークルに人格障害者がいたから、さぁ、大変という事態になっている。
詳しくは上記(298)の記事を読んで欲しい。

「怪しいと気付いて最初から相手にしていなかった人は無傷。
寛容な気持ちで優しく相手をしてあげた人が被害に遭う。
だから人格障害者どもは最初から相手にしないに限る。」

そして先日、ここに出てくるワシの友人から、
具体的に改めて話を聞いたのである。
これが実に期待の有望新人であった。

ワシの友人が被害に遭っている人格障害者、
期待の大型新人「人格障害者チエミちゃん」である。

ワシの友人と人格障害者チエミちゃんは、
もちろんリアルでお互い知っている関係ではあるのだが、
彼女とのやりとりはずっとfacebookのメッセージで行なっている。

「パソコンを開くと、もう未読メッセージが10件とか入ってるんだよ!」。

おお、最初からこれは香ばしい匂いが(笑)
これは有望な大型新人だぞと。
もうワクワクして「見せて~」とお願いした。

「それが、もう、すっごく長くて、全部コピーするの面倒。
ワタシのメアド知ってるでしょ、パスワード教えるから、
ワタシのfacebookに勝手にログインして見てもらって構わないわよ」

どうよ、すごいだろう。
コピペするのが面倒なくらいな長さのメッセージの応酬。
パスワードを教えるから勝手にログインして自分で読んでくれというから、
その分量の程が想像できるだろう。

そして、この大型新人は期待通りの大活躍で人格障害者っぷりを発揮していた。
次回から、この人格障害者チエミちゃんの話を何度かにわけて書いていこうと思う。

(続く)

Posted on 2017-03-19 | Category : ブログ | | 11 Comments »
関連記事

コメント11件

 カサブランカ | 2017.03.22 2:13

二度目のコメントです
私は、過去二回、酷いパーソナリティー障害のかたに出くわし
精神破綻まで追い込まれました

ところが、最近、私は、自分こそ
パーソナリティー障害なのでは、、と
思い始めてます

実は、私は、ある一人の男性に
モラハラまがい、いや、モラハラをしてると思います

その人とは、価値観生活感育ち、全てが違いすぎて、合わないんです

なので、今後一切の連絡を絶ちたい
繋がりを絶ちたい、と、お願いしても

蛭のようにしつこくまとわりつく
離れないと言います

初めは、死んでやると、言ったり
そんなことしたらお前の会社に乗り込むと、言ったり
駅で待ち伏せると言ったり

異常です

その方の母親はアルコール依存症
ネグレクト、父親を罵倒しながら飲んだくれ。父親は浮気。なのに、その方と同じ部屋でセックス。

なんとも異常な家庭環境

初めは面白い男性だと思ってましたが
所々見せる彼の破滅的思考に恐くなり
離れる決心をしましたが、しつこくて
疲弊しています

そして、私が相手に暴言をはく
それが、嫌で、離れて欲しいとお願いしても、絶対離れないと言います

彼は、一体なんなのでしょう

そして、私は、私こそパーソナリティー障害なのではないかと

自分がいやになります

 松ぼっくり | 2017.03.22 7:29

初めまして。
毒親が自己愛+色々持っている娘として生きてきました。
距離を置き接触を減らして来たのですが、
新しく身内になる者に極度の自己愛を見つけてしまい、
色々なブログを読み漁りここまで辿り着きました。

私自身回避性かも?と思う所も自己愛なのかも?と、
不安の中やっと母親と離れた場所に暮らし始めた所で、、、〔泣
身内になる方も年末辺りで介護職お辞めになってます。
ウッキーに重なる所がたくさん有りすぎてもしや〔汗 と思ってしまいます。
ヒルドイド手荒れに良いと貰って来たのって、〔汗
これからもブログ参考にさせて頂きます。
心蝕まれぬ様強くおられます様に

 せんち | 2017.03.22 15:27

*** カサブランカさん
自己愛は誰しもが有する資質です。
それが過度になるかどうかの違いでしかありません。
ワシもよく自己嫌悪に陥る時があります。
そして人格障害者どもは自己嫌悪もしないのだろう。
じゃあ自分はどうなのだ。自己嫌悪を演技の範疇なのかと、
ぐるぐる自問自答したりします。

 カサブランカ | 2017.03.23 21:03

あぁ、難しいですね

そうなんです
ある種、全ての人に自己愛は存在する

他者を思いやれるかどうか
相手の立場になれるかどうか

わかっていながら
相手を傷つけたり

ワガママと自己愛は、違うんですよね

だけど、どこかで
歯止めは持っていたいと思います

コメント返信ありがとうございました

 せんち | 2017.03.22 15:30

*** 松ぼっくりさん
新しく身内になる者って、ご結婚されたのでしょうか。

高嶋政伸と美元の結婚披露の幸福そうな顔が、
わずか1~2年後には「被告」としか相手を呼びたくない、
俳優人生を投げうってでも離婚したいと述べることになろうとは。

 松ぼっくり | 2017.03.22 20:02

せんちさん
お返事ありがとうございます

子供が結婚するのですがあちらのお姑さんが強烈な自己愛です。

思いついた事はトコトンやらないと気が済まないとか、同居しろとか。
金銭的には厳しい若い2人ですが、
最初は別居で新婚時期を過ごしてからではどうですか?って提案しても
同居同居!ウッキー!ってな具合です。

一度しかお会いして居ませんが、
心にも無い事を話す人だなぁって思って居ました。
落ち着かない様子や、
自分の思い通りに話しが進まないと手を擦り出しイライラした様子を観てしまい、
もしやとおもいまして。

鬱を10年患っていると聞きましたが、
鬱の方には失礼な程お話ししますし、
仕事もされて来たようですが、
家の中が30センチ位有るススだらけ。
あぁ結婚しないでって言いたい

 せんち | 2017.03.23 14:37

*** 松ぼっくりさん
わわわ。。。人格障害者どもは、心がないこと、失礼なこと、
え?そんなことよく言えるね?!ということをサラりと言ってしまいます。
なぜだかわかりませんが、言うんです。
やしきたかじんのサイコ嫁を知る人も、そのことを挙げています。

先日、ヤフーニュースか何かで読んだのですが、
離婚理由は本人たちの意思もさることながら、
先方の家族と上手くいかないことも離婚の大きな理由だそうです。

もちろん松ぼっくりさんのお子様が結婚なさるのは、
幸福になってもらいたいですし、
とはいっても、本人たちが幸福ならば、ある程度目をつぶれます。

ただ、正直言って、
「あぁ結婚しないでって言いたい」
このような直観は正しいと思います。

 松ぼっくり | 2017.03.23 20:30

せんちさん
コメントありがとうございます。

記事になってしまう程のおかしな話しのやしきたかじんの嫁さんの話を読んでみて思ったのは洗脳して行く事に長けていると言う事ですかね。こちら側の人間はどこからも情報を得る事も出来ず嫁に知らず知らずの内に財産を巻き上げられる。何故おかしいって思わないのだろうって思うかも知れませんが、大丈夫!いざって時は私が何とかしてあげるから私に任せて!と大嘘ついてるんだろうなぁって。
家の子もこうやって私達を敵と見なしお金と子供を取り上げられ、気がつく頃には逃げ出す事も出来なく成ってしまうかも知れない。
忠告だけはしました。多分自己愛だよお姑さん。と
逃げ出すのか絞り取られるのか?家の子が決めた人の身内を悪く言いたく無いけど、記事になる事とそっくりに事が進んで行くのを指をくわえて見てるしかないのでしょうか?
付き合って間もないから周りが見えないのか?痘痕も笑窪なのか?

私が言ってしまいそう
ほら言ったでしょって

言いたくないなぁ

 奈良子 | 2017.03.24 9:51

先日とある業界のパーティーに参加したところ、私の天敵・自己愛元上司に再び遭遇。
その時に興味深い経験をしました。

受付でちょっとしたハプニングがあり、受付の人と私が思わずくすっと笑ったら、受付の背後からいきなり自己愛が現れ、睨まれました(笑)。
自己愛をスルーして受付の人と談笑している間中、じぃっとねちっこく睨んでました(友人曰く、蛇の目)。

受付をした後、以前私がお世話になったAさんが私に声をかけて来られました。
何年か振りにお会いしたので、こちらもテンションが上がり隅であれこれ話しをしてたら、いきなり自己愛が割り込んで来て、Aさんをどこかへ連れ去りました。
その後パーティーが始まり、食事もひと段落したところで、Aさんがえらい身を潜めて私の所に来られました。
理由は、「自己愛さんに奈良子さんとと話してるとこ見られたら怒られちゃうから…(笑)。」との事だそうで。
それで落ち着いて会場では話せないからと連絡先を書いた紙を渡して去って行かれました。

その後、またまた知り合いのBさんに挨拶に行ったら、「奈良子さんと話してるところ見られたらマズイから(多分、自己愛に)。」と言われ、挨拶そこそこに切り上げられました。

再び私がお世話になったCさんと話していたら、Cさんの背後から自己愛が音も立てず近づいて来て、私たちが話している様子をジーッと見張る。
私が自己愛に気づいて話しを止めたら、さっと消えました。

パーティー終了後に、受付前辺りでDさんと軽く話して別れました。
その様子を見ていた自己愛が、Dさんを呼び止めて何やらコソコソ。
自己愛が話しかけた後すぐに、Dさんが私の方を振り返ったから、私の話だろうなあと推測。

とまあ、楽しいパーティーのはずなのにずーっと自己愛に見張られている感じがして、最悪でした。
同行していた友人すら「大の大人がそこまでするか?!」と引いていました。

自己愛にとって私はすでにもうどうでも良い人になっていたと思っていましたが(お別れして数年経ってますので)、私も考えがまだまだ甘かったです。

自己愛のあの独特の目つきにやられてパーティー後どんよりで、思わず書き込みさせて頂きました。。。

 匿名の母 | 2017.03.25 3:50

報告です。以前、夫の親戚50−60人が集まる会に行くことに関して、信用の置ける誰かに夫の母親のことを相談するかどうかでコメントを書きました。在米で夫の母親に苦しめられて17年です。言っても、『たった一人の母親じゃないか』『もう年だし』『シングルマザーで苦労した』『あなたも気をつけるところがある』とか色々予想がつき、言ってもしょうがないというところで諦めていました。ただの自己満足にすぎないと。ただ旅行の出発1週間前に泊まる予定であった夫の叔父の奥さんから部屋を隣にしたというメールがきて、想像すると震えがきました。アメリカの家は広いとはいえ、隣同士なんて兄弟ぐらいです。3日間、毎回顔を突き合わせて洗面所を共有することに関して嫌悪感が止まらなくなりました。そこで夫の叔父の奥さんにメールで事情を簡潔に話し、ひどい内容の書かれたメールを添付して勇気を出して送りました。すると割とすぐに返信がきて、彼女の泊まるところをホテルに変更したことと他の親戚で不幸があったことが書かれていました。頭の良い方だと思われます。深入りしないようにコメントを避け、私が少しでも穏便に過ごせるよう配慮してくれました。スルーされたことにはいささか悲しい気持ちになりましたが、彼女の立場上そうするしかなかったのかのかと思います。夫の叔父は夫の母親の弟となります。効果的だったのは、簡潔に説明して、内容に証拠を含め、その後は一切愚痴ったり、グダグダ詳細を話したりしなかったことが信用性を深めたと思います。

パーティー会場がその叔父の家だったため、毎日同じ空間にいるのは大変苦痛でした。なるべく近くにいないよう部屋の片隅や庭で子供と遊んだりして3日間過ごしました。私がそのようなメールをその奥さんに出したことを一部の夫の叔父叔母は知っていました。誰しも生きていくことで精一杯です。病気になったり、誰かが死んだり、仕事を失ったり、離婚したり、子供が問題を起こしたり、など、自己愛に付き合ったり、火の粉を浴びたりする余裕も暇もないのです。救われているのかスルーされているのか分かりませんが、誰からも責められたり説教されたりはしませんでした。ちなみに彼女と一言も会話も挨拶もしませんでした。そういう自分に嫌気がさしてしまいました。夫は了解済みです。夫が一番被害にあって、誰からも理解されず、苦しんでいて、それでも母親の愛情のかけらを求めているのです。

 のんのん | 2017.03.26 18:07

自己愛は誰にでもあると思いますよ。
自己肯定間の路線設定によって結果、色々になるんですけどね…その路線を生育環境から受けた悪影響だけとは考えにくいです。
同父母の実子として生まれても弟はどーしよーもない人だし就学や仕事、まあまあ「ま、普通ですね」って感じでバイトしながら学生ローン二つ受給して大卒になる人はなるし(私がですけど)もっとさかのぼれば私と弟は幼少期から性格がかなり違っていた気がします。
親の財布に手を付けて享楽的な物欲、エアガンで野良猫を撃ち失明させる、法律で違反する薬物などに依存する人って(うちの弟)罪障感に欠如したジャンルの人なんだな、と思ってます。

殺人事件を起こす勇気は無いですけど心密かに「あいつ早く死ねばいいのにな」と肉親であろうがなかろうが、他人に対して思った事は数知れないです。

Comment





Comment