Home > ブログ > 自己愛性人格障害(323) 美味しいね

自己愛性人格障害(323) 美味しいね

昨晩、眠れずに、ずっとモラハラ被害を受けていた人のブログを読んでいた。モラハラ夫、モラハラ妻とのやりとりやエピソードに泣けた。それにしても、モラハラ被害が、たまたまのレア・ケースというにはブログの数が多過ぎる。大なり小なりを含めると、かなりの割合なのではないかと思われる。まったく普通の人が、モラハラ被害をきっかけに、普段書いたことのない長文をブログに綴っている。

昨日は、この方のブログをずっと読んでいた。
こころの声に耳をすませて

モラハラ夫の標的は、毎日のルーティンである料理に対する不満が多いとのことである。このブログの方はこのように書いている。「とにかく夫との食事は楽しむより疲れ果てた。私が作った料理をテーブルに出すとき、私はまるで判決を待つ罪人のような気分だった。今日は満足してくれるだろうか・・・それとも口に合わないと怒るのだろうか・・・と。」

昔、大阪で東関親方とお会いしたことがある。お相撲さんの高見山である。引退して随分経ってからだったが、実際に目の前にすると、すっげー大きくて「積もっている」感じだった。東関親方の奥様は、お相撲さんだからいっぱい食べるだろうと、毎回料理をいっぱい作っていた。東関親方は、それをお相撲さんらしく、美味しい、美味しい、といってペロリとたいらげていた。ところが、ある時、とうとう東関親方が音をあげた。「ごめんね。実は毎回、量が多くて食べるのがしんどいんだ」。一生懸命作ってくれる奥様の心情を考えると、それが中々言い出せず、我慢して食べていたというのである。奥様はびっくりして「だったら、そうだと言ってくれればいいのに」「ごめんなさい」東関親方の心の優しさがわかるエピソードである。

ボクが嫁さんと結婚したばかりの頃、正確には同棲を始めたばかりの頃の話である。初めて手料理を作ってくれた日のこと。慣れない料理を一生懸命作ってくれたのだろう。形が崩れたりしていたけれど、一生懸命に作ってくれたという気持ちがとてもよく伝わってきた。ボクはひとくち食べて「ああ、美味しいねえ」と言った。その時である。嫁さんが突然ポロポロ泣き出したのである。え?どうしたの?
なんでも、嫁さんの父親は昔気質で、母親が作った料理を黙々と食べる人だったそうで、美味しいとか褒めてもらうという事がなかったとのこと。そんな母親を想い出して、つい泣いてしまったと言うのである。

世の中の男性諸君、女性が食事を作ってくれるのは当たり前のことではないぞ。好きな人に食べてもらおうと思って一生懸命作っているのだぞ。ひとこと「美味しいね」と言うだけで喜んでもらえるし、次の料理も頑張ろうと思うらしいし、何よりみんなハッピーになれる。だから多少微妙でも(笑)、「美味しいね」と毎回、言うようにしよう。

*****

と、これで終われば良い話でチャンチャンなのだが。。。
先日、嫁さんがパスタを作ってくれた。ボクはピリ辛が好きなので、ペペロンチーノにしてもらったのだが、この時ばかりは、どうも味がイマイチだった。もしかしたら何か間違えたんじゃないか。それでもボクは嫁さんを傷つけないよう、優しく言葉を選んで言った。「ねえ、これ美味しいんだけど、もうちょっとコクがあった方がいいかな~」。普段、全く文句を言わないボクがこう言ったものだから、嫁さんもちょっと不満そうな顔をした。「そうかなあ。いつも通り作ったんだけどな」と言って、嫁さんも同じパスタを口にした。「あ!本当だ!これ辛いだけでマズい!」

もし、そこでボクが「これ辛いだけでマズい!」と言ったら、嫁さんは悲しいだろう。ボクだって一生懸命作ってくれた気持ちを考えると、とてもそんな言葉は口に出来ない。だから遠回しに「美味しいんだけど、もう少し・・・」という言い方をしたのである。だけど嫁さんは自分の作ったものだから、正直に感想が言える。「辛いだけでマズい」。どうよ、ワシがいかに優しいダンナ様かわかっただろうと、今でも二人の間で笑い話になっている。

Posted on 2017-02-18 | Category : ブログ | | 3 Comments »
関連記事

コメント3件

 Lilla My | 2017.02.25 5:44

はじめまして。

夫が人格障害かも…と悩みネットをさまよっていたら、こちらに辿りつきました。

過去記事も拝読させていただき、
うむ、ヤツ(夫)は人格障害だな!
というか診断名はどうでもいいけど、やっぱ、あの人はアタマおかしい!
と、やや扉が開いた感じです。

私は人を見る目がなく、今までも微妙な人に寄って来られ、悲しくなったり面倒な事になったりする率が非常に高いので、このブログで改善のためのお勉強をさせていただきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

ご挨拶までに失礼いたしました。

追伸:奥様とのエピソードに、とてもほっこりした気持ちになりました〜

 せんち | 2017.02.25 16:17

*** Lilla Myさん
本当に、医学的に人格障害かどうかなんか関係なく、
頭がおかしいと感じたら切るに限る。
そんな連中の相手をしているほど人生は長くない。

微妙な人に寄ってこられるのは、
他の人には相手にされないのに、
Lilla Myさんなら相手をしてくれるからじゃないでしょうか。

 ponko | 2017.02.28 6:36

最近、とある殺人犯が自己愛性人格障害と診断されましたねえ。責任能力は有り、とのことでほっとしました。