Home > 書籍紹介 > 自分のついた噓を真実だと思い込む人

自分のついた噓を真実だと思い込む人

自分のついた噓を真実だと思い込む人内容紹介

あなたの身の回りには、まるで 「息をするように嘘をつく人」はいないだろうか。 しかも自分がついた嘘なのに、 「真実」だと思いこみ、いつのまにか被害者面。 本書ではその精神構造を読み解き、 被害を受けないための防衛法を説く。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

片田/珠美 1961年広島県生まれ。精神科医。京都大学非常勤講師。大阪大学医学部卒業。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。京都大学博士(人間・環境学)。臨床経験にもとづいて精神分析的視点から犯罪心理や心の病を研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

Posted on 2015-09-15 | Category : 書籍紹介 | | Comments Closed
関連記事