Home > 書籍紹介 > 家族という病 (幻冬舎新書)

家族という病 (幻冬舎新書)

91MmCe8NLIL

内容紹介

家族ほどしんどいものはない。
これまで神聖化されてきた「家族」を斬る!

日本人の多くが「一家団欒」という呪縛にとらわれているが、「家族」はそれほどすばらしいものなのか?
実際には、家族がらみの事件やトラブルは挙げればキリがない。それなのになぜ日本で「家族」は美化されるのか。
一方でもっとも近い存在でありながら、じつは一番理解していなかったことを、家族が他界してから気づく人も多い——。
家族の実態を克明にえぐりつつ、「家族とは何か」を提起する一冊。

Posted on 2015-05-05 | Category : 書籍紹介 | | Comments Closed
関連記事