Home > ブログ > 自己愛性人格障害(222) 配偶者 「DV 2」

自己愛性人格障害(222) 配偶者 「DV 2」

古くからの友人でシングルマザーがいる。
看護師をしており、
二人の子供を養うために夜勤もバンバン入れているため忙しく、
会うのは年に2~3回だが、
それでも、もう、10年以上の付き合いになる。

看護師という職業は給与が高く、
夜勤などをすれば手当も増えるため、
経済的にも離婚するのに躊躇はなかったという。

朝、普段通りに朝食を作り、
「いってらっしゃ~い」と出勤のご主人を見送り、
そのまま荷物をまとめて家を出た。
本人は「夜逃げならぬ昼逃げした」と言っている。

離婚をした原因は夫の暴力である。
ただ、不思議なのは、妻に暴力をふるうだけでなく、
子供にも手をあげていたという。
自分だけならともかく、子供に手をあげるとは許せん!
ということで 離婚を決意したそうだ。

何でも、子供が出来てから、
妻が自分よりも子供に関心がいった、それが気に入らなかったようだ。
構って欲しさゆえの暴力だったという。

ボクの友人は皆、子供をすごく可愛がっているよ。
嫁さんよりも子供が好きなんじゃないかと思うくらい、
関心のほとんどが子供に行っている。
そして世間一般がそうだと思っていた。

「子供よりも自分を構って欲しい」と怒る夫。
子供に妻をとられたと感じ、子供に嫉妬する夫。

なるほど、そういう人もいるのだと思った次第。

Posted on 2014-10-30 | Category : ブログ | | No Comments »
関連記事
Comment





Comment