Home > ブログ > 自己愛性人格障害(168) サイコパス その1

自己愛性人格障害(168) サイコパス その1

人格障害に関する本をいろいろ読んでいる。
少しでも、それに類する記述があれば、なんでも読むようにしている。
そして最近読んだ本の中でも「崩壊する介護現場」(中村淳彦:著)、
これが最高に面白い本だった。

基本的な内容は介護の現場、いや、現場というより、
その現場で働く人たちの惨状を主として書かれている。

実際に従事している方には申し訳ないが、
ボクの経験としてあえて言わせてもらおう。
介護の仕事は、他の仕事ではとても通用しないような、
あらゆる意味で 「介護くらいしか就業出来ない」という人たちが多い。
慢性的な人手不足のため、そういう連中でも採用されやすい。

そして、この著者の中村淳彦は、
デイサービスを経営しているという人である。
この人が介護業界を、ひとことで端的にこう表している。

「どこの社会からも弾かれた異常な人材の受け皿となっている」

まったくボクも同意見である。
もちろん志高く介護職に従事している人も多いのは知っているし、
そういう方々に対して失礼なのは承知しているが、
しかしボクやこの著者は偏見でそう書いているのではなく、
あくまで実体験として書いている。

また、そういう志高く介護職に従事している人ほど、
ボクやこの著者と同じ事を感じているのではないかと思っている。

そもそも、なぜこの本を手にとったかというと、
この本のいきなり第1章のタイトルが、
「介護労働者50人に1人がサイコパス?!」なのである。
この章を読むためだけにこの本を買ってもいい。
ボクなんか、マーカーを引きながら何度も熟読してしまった(笑)

こんなブログを書いているボクも精神病理に関しては素人だし、
この本の著者もボク同様に素人である。
だからこそ、素人故に、
実体験として生々しい人格障害者の様子がズバリと書いてあって、
非常に興味深い。

事項では、この本の内容を紹介したいと思う。

Posted on 2014-03-31 | Category : ブログ | | No Comments »
関連記事
Comment





Comment