Home > 書籍紹介 > 消された一家―北九州・連続監禁殺人事件

消された一家―北九州・連続監禁殺人事件

51A1sd0FKOL__SS500_

内容紹介

七人もの人間が次々に殺されながら、一人の少女が警察に保護されるまで、その事件は闇の中に沈んでいた──。明るい人柄と巧みな弁舌で他人の家庭に入り込み、一家全員を監禁虐待によって奴隷同然にし、さらには恐怖感から家族同士を殺し合わせる。まさに鬼畜の所業を為した天才殺人鬼・松永太。

人を喰らい続けた男の半生と戦慄すべき凶行の全貌を徹底取材。渾身の犯罪ノンフィクション。

 

著者について

豊田正義(とよだ・まさよし)

ノンフィクションライター。1966(昭和41)年東京生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後に渡米し、ニューヨークの日系誌記者を経てフリーに。家族の問題から犯罪まで幅広く取材している。著書に『家庭という病巣』『DV―殴らずにはいられない男たち』『男たちのED事情』『壊れかけていた私から壊れそうなあなたへ』など。 –このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。 著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

Posted on 2012-01-15 | Category : 書籍紹介 | | Comments Closed
関連記事