自己愛性人格障害(076) 人格障害者はいかに生まれるのか その2

人格障害者が生まれる要因は何なのかということを追及する本シリーズでは、 ボクが実際に被害にあった人格障害者の背景を辿ることで、 その一端を明らかにしていこうと思っている。 前回は、人格障害者ウッキーが育った「環境」から、 人格障害を生む土壌について考察してみたが、 今回は、環境ではなく、人格障害者「本人」の視点から、 なぜ人格障害が生まれるのかを考察してみたい。 何せ、ボクは本人ではないので、 あくまで人格障害者ウッキー本人が語った過去である。 ただし、前回書いたように、 良いことは自慢話として、悪い事は卑下自慢として、 とにかく自慢話として語られたことなので、 そのつもりで捉えて欲しい。 【...... read more

Posted on 2013-01-23 | Category : ブログ | | 2 Comments »

自己愛性人格障害(075) 人格障害者はいかに生まれるのか その1

さて、今回は、改めて、自己愛性人格障害を生みだす要因に触れたい。 というのも、以前、同テーマで書いたときから、さらに知識が深まり、 また、コメントを頂いた方の例を参考に、理解が更新されたからである。 まず人格障害者ウッキーの背景を紹介しよう。 ボクが本人から聞いた供述を基に書く。 ちなみに、人格障害者ウッキーは現在50代半ばのババアである。 【家庭環境について】 貧しい家に育つ。 子供の頃、親と一緒に夜逃げをした。 兄は怠惰で、今もカツラーの父親に無心を繰り返している。 カツラーの父親は甘くて無心に応じている。 母親は自殺している。 さて、以上は、本人の談である。 なぜこんなプライベ...... read more

Posted on 2013-01-23 | Category : ブログ | | 24 Comments »

自己愛性人格障害(074) 些細なことでござんすが

ボクは、自己愛性人格障害者という存在に気付いてから、 常に気にとめるようにしていることがある。 既に何度も書いてきたからお馴染みであろう、 「3回ルール」である。 相手の言動に対し、あれ?と思うことがあるかもしれない。 1度なら勘違いかもしれない。 たまたま偶然かもしれない。 しかし、3回となると、人格障害の疑いがある。 大切な時間と財産をそういう奴に使ってはいけない。 相手にしないで離れるべきである。 ボクも人格障害者ウッキーに「あれ?」と思うことは多々あったけれど、 それよりも、もう少し上、「あれれ?」と思ったことを書く。 冬、会社で石油ストーブを買うことになった。 人格障害者ウッキーは、...... read more

Posted on 2013-01-21 | Category : ブログ | | 12 Comments »

自己愛性人格障害(073) なんじゃこりゃ~

元被害者さんが紹介されていたブログ「Mの離婚ブログ」。 非常に読後感の悪い、ホラー映画のような話。 現在進行形だとのことなので、その後どうなったか気になる。 映画「危険な情事」が現実に起こっているようだ。 モラハラ人格障害を相手に離婚を考えている方は、 ぜひ読んでみると、その大変さが理解できる。 と同時に、迷う必要なく離れるべきであるというのが実感できると思う。 迷っている場合ではないのだ。 このブログの最後の項で、 虚言モラハラストーカー元夫が訴訟を起こす顛末が書かれている。 Mさんと虚言モラハラストーカー元夫とは、 この後も2年近くゴタゴタしていると書かれているが、 これはボクが書いている...... read more

Posted on 2013-01-17 | Category : ブログ | | 6 Comments »

自己愛性人格障害(072) 口頭で許可をもらいました

北宋社という、聞いたことのない出版社が、 筒井康隆の短編集を、著者に無許可で出版していたとして著者自身が抗議をした。 これに対し北宋社の社長は、  「筒井さんのサイン会に行き、口頭で承諾をもらった」と述懐している。 もちろん筒井康隆は否定している。 こういう理由を真面目に法廷で語っているのである。 北宋社側の弁護士さんも困ったのではないだろうか。 **** 何度も書いている通り、 人格障害者ウッキーは横領窃盗犯である。 本人を呼んでどういうことだと問いただした。 「それは私のいないときに、稲ちゃんが勝手にやったこと」  と、 本人がいないところを見計らって、同僚の稲増恵美に責任をなすりつける。...... read more

Posted on 2013-01-15 | Category : ブログ | | 4 Comments »

自己愛性人格障害(071) 資格と肩書き

人格障害者ウッキーは虚栄心に満ちているという話を、 繰り返し書いている。 人格障害者は虚栄心に満ちている。 翻ってそれはコンプレックスの裏返しなのだが、 自分は尊大な人間になりたいと思っているうちに、 根拠なく尊大な態度になってしまう。 本当は個人クリニックで看護師の下で使い走りをしていたのが、 本人は大病院の看護婦長だと吹聴しているのがその一例である。 実際は看護師学校の入学すら断られているにも関わらずである。 人格障害者ウッキーは正月に家族でハワイ旅行に行っている。 お金を貸して欲しいというから数十万円貸してやった。 その豪遊ぶりに他の社員が怪しんだ。 「あら、わたし、自分の貯金を崩して行...... read more

Posted on 2013-01-10 | Category : ブログ | | 3 Comments »

自己愛性人格障害(070) はじめまして

ひっそり始めたこのブログ。 私的な備忘録に産毛を生やした程度のつもりでしたが、 いろんな方々が訪れ、またコメントをくださり、とても感謝しています。 そして最近、いつもコメントをくださる、ゆきさんが、 ご自身のやはり自己愛性人格障害を扱ったブログで紹介してくれました。 おかげで急にアクセス増えてビックリ! ありがたいやら、面映ゆいやら。 一般論としての自己愛性人格障害の事を読んでも、 なかなかツンとこない、いやピンとこないのですが、 筆不精で面倒くさがりのボクですが、 実際の自己愛性人格障害者と接する機会を不幸にも得たため、 その実態を、これからも、想い出しつつ書いていきます。 さて、最近、この...... read more

Posted on 2013-01-09 | Category : ブログ | | 2 Comments »

自己愛性人格障害(069) 人格障害者とワガママ者の違い

自己愛性人格障害者は、ワガママはワガママなのだが、 ただのワガママな人とは大きく異なる。 正反対と言ってもいい。 ワガママな人は、自分の思い通りにならないとウッキーッ!とキレる。 他人の都合、気持ち、そんなの関係なしに、 自分の思い通りに物事を運ぼうとする。 え? 自己愛性人格障害者とどう違うのかって? 同じだよね。 結果からみれば、同じだし、 自己愛性人格障害者は基本的にワガママである。 ここでジャイアンを想定して欲しい。 腕力で皆を畏怖させ、自分の思い通りにする。 皆に異論はあっても、強引に自分の意思に従わせる。 これ、ワガママな奴。 しかし、それでも良しにつけ悪しにつけ、 ジャイアンはリ...... read more

Posted on 2013-01-07 | Category : ブログ | | 16 Comments »

恐怖を感じます。

自分では、ボクは普通の市民で、 納税も一般の人よりは多く払ってるつもりだし、 海外に行っても日本国民として恥ずかしくないようふるまっているつもりである。 そんな普通なボクでも、現実世界でいくつか修羅場的な経験がある。 世の中には、自分の不幸を他人に転嫁したり、 自分の思い通りにならないとキレる人がいるものだ。 身の危険を察し、警察の方々に、ボクのマンションを定期的に巡回していただいた時期もある。 さて、このブログのテーマが自己愛性人格障害なだけに、 暗くなりがちなテーマを、ユーモア交えて書くようにしているが、 それでも繊細なテーマには違いない。 先日、このブログを閉鎖しろというコメントが入った...... read more

Posted on 2013-01-06 | Category : ブログ | | 21 Comments »

自己愛性人格障害(068) 嘘のつきかたがまるで同じどすなぁ

面白いブログを見つけて、 昨晩、最初から全部読んでしまった。 『とある自己愛性人格障害者の転落日記』 このブログに出てくる「自己愛」が面白い。 さらにそれを追及していく様子が非常にスリリング。 そして虚言が露呈したときの自己愛の反応も面白い。 このブログに出てくる自己愛は、 自称「バイオベンチャーU社品川ラボ勤務の主任研究員」 実際はアルバイトの面接に行っただけで、今は無職(笑) 虚言癖あり。 iPS芸人の森口尚史は、 自称「医学部卒業で、iPS細胞を使った世界初の心筋移植手術を実施」 実際は手術を行なっていないどころか、医師免許すら持っていない(笑) 虚言癖あり。 人格障害者ウッキーは、 自...... read more

Posted on 2013-01-05 | Category : ブログ | | 3 Comments »