自己愛性人格障害(354) プレゼンスとルサンチマン

今回は観念的な話になる。「プレゼンス」は存在感と訳すのが最も本来の意味に近い。「ルサンチマン」は日本語の適訳がないが、wikipediaから引用すれば『弱者が強者に対して、「憤り・怨恨・憎悪・非難」の感情を持つこと』と定義される。ここで重要なのは、この「憤り、怨恨、憎悪、非難」の感情が弱者が強者に対してという点である。逆方向の感情はルサンチマンに当てはまらない。弱者から強者に対しての感情を指す。ではwikipediaの記述に沿って論を進めていこう。 『ニーチェによれば、ルサンチマンを持つ人とは「本来の『反動』、すなわち行動によって反応することが禁じられているので、単なる想像上の復讐によってその...... read more

Posted on 2018-03-25 | Category : ブログ | | 8 Comments »

自己愛性人格障害(345) ストーカー被害 7

昨日、人格障害者キョショーにインタビューを申し込んだという話を書いた。 盗人にも三分の理ではないが、自宅の住所やら実家の住所やら、顔写真などを晒した挙句、自宅周辺まで実際にやってきてうろついては写真を撮ってアップするなど、このような嫌がらせをする理由は何なのか、奴は一体何がしたいのか、これらが「された側」の妄想だと言うのであれば、「した側」の論理を是非聞いてみたいと思った。ワシの常識では、これらは犯罪隣接行為であるが、奴の常識では独自の正当な理屈があるのではないかと思った。それらを語ってもらう事で、同じような被害に遭っている人たちの参考になるのではないかと考えたのである。ストーカー被害者側から...... read more

Posted on 2018-01-30 | Category : ブログ | | 4 Comments »

自己愛性人格障害(344) ストーカー被害 6

今まで何人もの人格障害と思しき人たちと会ってきた。それらしいと聞きつけ、わざわざそのために会いに出向いた事もある。その際はこちらの意図を隠し、大きなホラ話や虚言を言いたい放題言わせて観察する、それが今までのパターンだった。ワシが「へぇ~すごいですね」と相槌を打つと大喜びで更に話が大きくなっていくのが興味深い。様々な虚言、突飛な論理の飛躍、話の整合性がとれない部分が多々あり、目の前で夢中で話す顔を見ながら、一体この人はどういう頭の構造をしているのだろうと、毎回不思議に思っている。 2004年に大牟田4人殺害事件という凄惨な事件が起きた。家族全員で立案して犯行に及び、家族全員が死刑判決という稀有な...... read more

Posted on 2018-01-29 | Category : ブログ | | No Comments »

自己愛性人格障害(343) 人間交差点「あこがれ」

 人格障害者が執拗に行なう「本人にしかわからない嫌がらせ」というものを、何度か書こうと試みて、言葉で表現する事の難しさを感じている。他人には嫌がらせに見えない、だけど本人には確実に嫌がらせだとわかる行為を人格障害者は行なう。過去の記事を読み返すと、「自己愛性人格障害(319) 本人にしかわからない嫌がらせ」と「自己愛性人格障害(145) 人格障害の被害が理解されない仕組み その1」で二度、ワシはこの事に触れている。しかし個人的にはいまひとつ「これだけじゃないんだよな~」という思いが払拭できず、いずれ改めて書こうと思っていた。ところが凄い漫画があったので紹介したい。「面白い」ではなく「凄い」漫画...... read more

Posted on 2017-12-31 | Category : ブログ | | 18 Comments »

自己愛性人格障害(342) ストーカー被害 5

なんだかんだでパート5になった「ストーカー被害」シリーズである。今回が最終回の予定である。自己愛性人格障害のターゲットに対する執着具合、嫌がらせにかける情熱、そして人間としての一線をホップ、ステップ、ジャンプと軽々飛び越えてくる様子、その言動の異常性が如実に現れている良い例ではないかと思う。いろんな人が心配してくれるがワシは平気である。異常者が何をしようと、こうしてブログのネタが増えるというものだ。 人格障害者キョショーの異常行為を再度まとめる。当初は言論におけるやりとりであった。ワシやワシの友人に被害妄想で冤罪をふっかけ、謝罪もなく誹謗中傷を重ねる。ワシはそれが被害妄想であり冤罪である事を丁...... read more

Posted on 2017-12-21 | Category : ブログ | | 5 Comments »

自己愛性人格障害(341) ストーカー被害 4

人格障害者キョショーは自分のツイッターにおいて、アカウント名をワシの実家住所に変え、ヘッダーの写真を実名入りのワシの写真にしていた。ワシの自宅近辺をカメラを持って実際にうろつきまわり、常に監視しているぞとほのめかすかのように、写真を撮って自分のツイッターにアップ。そして結論から先に書く。コイツは、これでも飽き足らず、次の嫌がらせとしてワシの自宅住所「東京都新宿区〇〇〇何丁目何番地何号」まで書くまで嫌がらせがエスカレートしたのである。さすがに自分のツイッターに書くのは憚られたのだろう。別の掲示板に匿名で書き込んだのである。いかにストーカーの嫌がらせにかける情熱が深いということがわかる。ワシの友人...... read more

Posted on 2017-12-19 | Category : ブログ | | 2 Comments »

自己愛性人格障害(340) ストーカー被害 3

さて、前回までの話をざっとおさらいしよう。人格障害者キョショーがワシのツイッターやブログを舐めるように精読し、そこに書いてある記述やアップしている写真を解読して情報を収集。嫌がらせで実際にワシの自宅近辺をうろつきまわり、写真をとって自分のツイッターにアップ。のみならずアカウント名をワシの実家住所に変え、ヘッダーをワシの実名入りの写真にしていた。嫌がらせとはいえ、まさかここまでやるとは誰も思わないだろう。その「まさかやらないだろう」という事をやるのが人格障害者であり、道徳の一線など軽く跨いでくるから恐ろしい。周囲にこの話をしたら、皆一様に「うわ、キチガイじゃん」と驚いていた。「すぐ警察呼べばいい...... read more

Posted on 2017-12-16 | Category : ブログ | | 9 Comments »

自己愛性人格障害(339) ストーカー被害 2

今、リアルタイムでストーカー被害に遭っていると書いた。やっているのは、本当は本名を書きたいくらいなのだが、ここでの仮名を人格障害者キョショーとする。オウム真理教は、自分たちの行動が批判されると裁判を起こし、裁判に負けると今度は対象をVXガスでポアしようとした。裁判で負けたら上告しないで相手を殺そうとするのである。この発想の飛躍が狂気たるところだが、同じように人格障害者キョショーは、ワシに言論で負けると、言論で反論しないで嫌がらせに飛躍するのである。詳細は前回の記事を読んでもらいたい。オウムも人格障害者キョショーも行動原理や思考は共通するものがある。 人格障害者キョショーと共通の知人が何人かいる...... read more

Posted on 2017-11-25 | Category : ブログ | | 12 Comments »

自己愛性人格障害(338) ストーカー被害 1

今、リアルタイムで人格障害者に悪口を吹聴されてる。ワシがいないところでの事なので手の施しようがないのだが、ワシがどうこう言うよりむしろ、自分は悪くないということをアピールするためにワシの悪口を言っているようだ。直接やり合えば自分に非があるのがわかっているので、ワシのいない場所で、周囲に同調者を作るためにワシの悪口を言い、自分を何もしてない被害者として装う。まったく人格障害者のやりそうな事だ。まさに、やましい奴ほどよく喋るを体現している。この人格障害者の男、本ブログでの仮名を人格障害者ウッキーに対し「人格障害者キョショー」とする。 ワシは以前、人格障害者キョショーに冤罪を被せられた事がある。借り...... read more

Posted on 2017-11-21 | Category : ブログ | | 2 Comments »

自己愛性人格障害(337) PC遠隔操作事件「サイコパスは自分の事」

前回の続きである。 PC遠隔操作事件は、IT技術の進歩に捜査手段が追い付いていない事を露呈してしまった。直接の容疑となったインターネット上だけの犯罪であれば迷宮入りだった事件である。そこでやめておけば完全犯罪であったものを、犯人が調子に乗って尻尾を出してしまったのである。人格障害者特有の虚栄心や自己顕示欲という特徴を鑑みると、「これをやったのは俺だ」とアピールしたい部分もあったのだろう、インターネットの世界から出てリアル世界に舞台を移した事により逮捕に至ったのである。ネット上の痕跡ではなくリアル世界での捜査で、偶然にも犯人自身が墓穴を掘った事による。その墓穴とは。。。 片山祐輔は自分のアリバイ...... read more

Posted on 2017-08-30 | Category : ブログ | | 2 Comments »