自己愛性人格障害(390) 仲直りしなよ

まずは本項を読む前にこちらを読んで欲しい。 「(363) モラハラ 不機嫌アピール」 人格障害者の嫌がらせのひとつに不機嫌アピールがある。不機嫌というのは雰囲気なので証拠が残らず、本人しかわからない。いや周囲の人もわかるだろうが、悪意が自分に対して向けられていない以上、そこまで深刻には捉えず、機嫌が悪いのだろうな程度しか思わない。 実は「(363) モラハラ 不機嫌アピール」 ここに登場する桜井一哉から、それとなしに友人を通じて和解らしきものを打診されたことがある。ワシはコイツの嫌がらせに一切反応することなく、普通に学生生活をエンジョイしていた。弓道も一生懸命練習していた。もちろん奴に仕返しし...... read more

Posted on 2018-09-14 | Category : ブログ | | 5 Comments »

自己愛性人格障害(389)線路は続くよどこまでも

「思想信条の自由の悪用」も「取り巻きクソ連中」も中途半端になっているが、時間をかけてでも完結させなければならないと思っている。思考は常に進んでいて、次々に新しい事が頭に浮かび、そちらを先に書きたくなったり、過去の出来事を思い返して改めて触れてみたり。このように、まとまりがないのは、少しづつ積み重ねていくブログ形式では仕方ないことかもしれない。いずれ書籍なりにまとめるときは、きちんと構成をしていきたい。 先日、友人Xがワシの自宅に遊びに来た。ワシが引っ越しをしてから初めて遊びに来てくれたのである。実はこの友人Xはリアルサイコよっしーとも知り合いで、いわば奴と共通の知人という事になる。 友人Xはリ...... read more

Posted on 2018-09-12 | Category : ブログ | | 1 Comment »

自己愛性人格障害(388) 真面目に質問

人格障害者と話していて、最も不思議な点は「記憶の改竄」である。やったことをやってない、言ったことを言ってないと強弁する。明らかな証拠があるにも関わらず、けして自分の非を認めない。それが嘘であることは明白なのに、嘘をついている自覚がない。まるで自分の嘘に自分が騙されているというのがぴったりの表現で、相対する側としては唖然とするし、人格障害者に対し「話が通じない」という印象は、まさに人格障害者側の記憶の改竄に起因する。 【質問 1】 ワシはリアルサイコよっしーの実際の言動に対しブログにおいて反論と批判を行なった。それをして本人は「なぜ批判されるかわからない」と述べている。それどころか「僕もブログで...... read more

Posted on 2018-09-10 | Category : ブログ | | 3 Comments »

「初めてこのページを訪れる方へ」保存のため

書き続けたトピックも387になり、長きに渡って書き続けてきた。 当初のきっかけは人格障害者ウッキーによって扉が開かれた事によるが、 その後も新キャラが次々に登場し、話題は大きく広がっている。 「初めてこのページを訪れる方へ」も全体の内容と合わなくなってきた。 今、この部分を書き直そうかと思っている。 記録なので、今までの巻頭言を以下に残しておく。 ***** ワシは大勢の友人たちに恵まれ大人になれたこと、 小中高大と公立の学校でのびのびと学生生活を送り、 今までの人生の全てに感謝しています。 そんなワシが、 今までの人生には存在しなかった、 まったく理解不可能な人物と遭遇してしまいました。 ...... read more

Posted on 2018-08-26 | Category : ブログ | | 1 Comment »

自己愛性人格障害(387) ストーカー議員

先日、ストーカー容疑で埼玉県議会の議員が書類送検された。元交際相手の女性の自宅に押し掛けたたり、メールを数十回送った他、さらに女性の自宅を訪れた際、その女性の夫とトラブルになっていたという。警察の調べに対して容疑を認めている。。。。ということだ。しかし! この議員はfacebookを更新し、「記事は全くの事実誤認」「ここ数年、女性からのストーカー行為に困っていたのは私の方」と主張をひっくり返したのである。 警察の捜査に容疑を認めている。警察に嘘をついても始まらないと判断し、正直に白状したのだろう。この場合の「事実誤認」こそ、前回書いた内容とみて間違いないだろう【(386) 単語しか頭に入らない...... read more

Posted on 2018-08-24 | Category : ブログ | | 3 Comments »

自己愛性人格障害(386) 単語しか頭に入らない

ありもしない事実をでっち上げて、そのでっち上げたデマに対し批判するというのは左翼が使う手口である。日本政府の公式見解は「戦地に慰安婦はいた」「強制連行はなかった」である。この二つを組み合わせて「日本政府は慰安婦はなかったと嘘をついている!」と批判するのが左翼の手口。読解力が欠如しているのか、批判のために意図的に誤読しているのか知らないが、「文章」を読むことが出来ず、こちらが発した「単語」だけを抽出して、それを都合良く並べ替えて批判に使う。 これはワシと人格障害者との実際のやりとりである。ワシが「生前のAさんの直接の知り合いから借りた」と書いた事に対し、人格障害者は「死んでるはずのAさんから直接...... read more

Posted on 2018-08-24 | Category : ブログ | | 2 Comments »

自己愛性人格障害(385) 記憶は風化する

人格障害者の後遺症とは即ち嫌な記憶である。人格障害者の記憶との戦いは、人格障害者と離れてからがスタートである。「水と油」のshizukuさんが自殺したのは、人格障害者から離れて明るい未来を期待して新生活を始めたにも関わらず、人格障害者の記憶がずっと付きまとう事に気付いたからだとワシは思っている。この記憶の消去は一朝一夕には不可能で、時間が経過するのを待つしかない。人間は痛みを同時に感じられないという。足の痛みと頭痛とを同時ではなく、どちらか痛い方のみ感じるというのを読んだ事がある。過去の人格障害者の記憶は、新たな人格障害者の記憶により上書きされる。上書きというのは消えることではないので、交互に...... read more

Posted on 2018-08-24 | Category : ブログ | | 1 Comment »

自己愛性人格障害(383) 取り巻きクソ連中 パターン3

有吉さん是非ぴったりのアダ名をつけてください。 そうですねえ「取り巻きクソ連中」ですかね。 というわけで、取り巻き連中のパターンの最後である。 【パターン3 嘘を信じた取り巻きクソ連中】 人格障害者どもは必ず悪口を周囲に言いまくる。被害が拡大するのはそのような人格障害者の性質による。これは今書いている「思想信条の自由の悪用」のテーマに通底する基本的な部分で、まるで関係のない人たち、周囲の人たち、共通の知り合い、人格障害者どもは誰彼構わず悪口を言いまくる。そして挙句の果てに「何も言ってない」と主張する。人格障害者ウッキー、リアルサイコよっしーの二人がこのお手本通りに動いているのはご存知の通りであ...... read more

Posted on 2018-08-22 | Category : ブログ | | 2 Comments »

自己愛性人格障害(382) 感謝知らずの女

井上陽水に「感謝知らずの女」という曲がある。歌詞はコチラ「感謝知らずの女」。いろんなものを買ってプレゼントするのに感謝を知らない彼女。ダイヤの指輪を買ってあげたら「もっと大きいのが欲しいわ」と言う。自分に尽くしてくれるのが当たり前だと思っている。なぜ一言「ありがとう」と言えないのかな、という歌。 ワシは以前、人格障害者には物をあげるなと書いた。物をあげるなというのは「施し」の象徴であって、人格障害者のために尽力したところで、それに感謝するどころか、それが当たり前だと思うだけである。感謝するどころか、更に要求が高まる。「もっと大きいのが欲しいわ」。なので人格障害者には物心両面において施しの類はす...... read more

Posted on 2018-08-16 | Category : ブログ | | 5 Comments »

自己愛性人格障害(381) 取り巻きクソ連中 パターン1と2

人格障害者には「取り巻き」が存在する。取り巻きとは人格障害者の嘘に完全に騙された人たちで、人格障害者の嘘を信じ、人格障害者の側に立って一緒に被害者を攻撃する人たちである。この取り巻きクソ連中にはワシの実体験では三種のパターンがある。 【パターン1 人格障害者の取り巻きクソ連中】 ひとつめは簡単。たまたまその人格障害者の取り巻きもまた人格障害であるパターンである。人格障害者どうしで上手くやれるかどうかは、双方の利害が一致するかしないかでしかない。共通の敵がいたり、共通のターゲットがいたり、利害が一致するウチは人格障害者どうしで協調するのである。しかし、ひとたび相反すると、人格障害者同士がそれぞれ...... read more

Posted on 2018-08-15 | Category : ブログ | | 9 Comments »
1 / 4012345...102030...最後 »