自己愛性人格障害(355) 他人の不幸を願う その1

今回は誤解のないように読んでもらいたい。 先日テレビで見たスキージャンプの葛西紀明選手の話である。 スキージャンプの団体戦は三人一組となって合計の距離を競う。 葛西選手は日本代表のひとりとして1994年リレハンメル・オリンピック団体戦に出場した。葛西選手を含む二人が好記録を出し、最後にジャンプするのが原田雅彦選手であった。先に飛んだ二人の記録から優勝は超安全圏、日本の金メダルは確実かと思われていた。最終の原田選手は普通に飛べば良いだけであった。ところが! 原田選手は「どんなに失敗してもアレはないだろ」というジャンプをしてしまう。日本は逆転で金メダルを逃してしまったのである。葛西選手は「先輩だっ...... read more

Posted on 2018-04-22 | Category : ブログ | | 6 Comments »

自己愛性人格障害(354) プレゼンスとルサンチマン

今回は観念的な話になる。「プレゼンス」は存在感と訳すのが最も本来の意味に近い。「ルサンチマン」は日本語の適訳がないが、wikipediaから引用すれば『弱者が強者に対して、「憤り・怨恨・憎悪・非難」の感情を持つこと』と定義される。ここで重要なのは、この「憤り、怨恨、憎悪、非難」の感情が弱者が強者に対してという点である。逆方向の感情はルサンチマンに当てはまらない。弱者から強者に対しての感情を指す。ではwikipediaの記述に沿って論を進めていこう。 『ニーチェによれば、ルサンチマンを持つ人とは「本来の『反動』、すなわち行動によって反応することが禁じられているので、単なる想像上の復讐によってその...... read more

Posted on 2018-03-25 | Category : ブログ | | 8 Comments »

自己愛性人格障害(353) 動機と目的 その7

前回、嫌がらせをするという事は「他人の幸福を願い、他人の不幸を悲しむ事が出来る」とは正反対の行為であり、他人の幸福を壊そうとし、他人の不幸を楽しむ行為である、他人に嫌がらせをするような連中は、人として一番大切なものが欠けている欠陥人間であると、ドラえもんから引用して紹介した。これは端的に人間性の本質を突いたもので、引いては人格障害者の存在自体を否定するものである。今回、人格障害者の嫌がらせをテーマに書いているが、「(343) 人間交差点「あこがれ」」にあるように、その人にしかわからない嫌がらせというものは、確実に存在するのだが、それを証明しづらい。今、レスリングの伊調馨選手がコーチのパワハラを...... read more

Posted on 2018-03-06 | Category : ブログ | | 19 Comments »

自己愛性人格障害(352) 動機と目的 その6

前回書いた『扉が開いた人であるなら、一度ならず人格障害者から聞いたであろう定番のセリフ「何もしていない」』に反響があって嬉しい。これは人格障害者への対応で前提としなければならない。アイツらの「何もやってない!」「何も言ってない!」「ウキーッ!」は嘘だから。嘘を何度も繰り返していく内に、奴らの中でだけ本当の事に都合良く変換されているだけだから。さて、動機と目的の続きである。今回は気合を入れて書くので、しっかり読んで欲しい。 リアルサイコよっしーがストーカー行為と嫌がらせをしている事に対し、ワシが嫌だなと思ったのは、周囲の人間をも巻き込んで迷惑をかけている点である。会社で捨てるゴミは事業用なので、...... read more

Posted on 2018-03-01 | Category : ブログ | | 16 Comments »

自己愛性人格障害(351) 動機と目的 その5

ワシは、小さい子供が事故や事件の被害に遭うニュースがつらくてたまらない。偽善的に思われるかもしれないが、未来ある子供たちが犠牲になるのが、見知らぬ他人であっても本当につらい。世の中には害悪を撒き散らす人格障害者のように、死んだ方が世の為になる連中が他にいるというのに、どういう基準で神様が選んでいるのか疑問に思う。死んだ方が世の為になる連中・・・なんてひどい事を書くのだろうと思った方がいるかもしれない。しかし死刑制度が日本にある、その事実が死んだ方が世の為になる連中がいるという何よりの証拠である。 人格障害者が撒き散らす害悪とは様々な形で表出しているが、その中から、映画「エスター」の主人公エスタ...... read more

Posted on 2018-02-28 | Category : ブログ | | 5 Comments »

自己愛性人格障害(349)動機と目的 その4

仮面ライダーやゴレンジャーのような戦隊ヒーローに憧れた、ワシは田舎のごく普通の少年だった。少し前に大人をターゲットとした、10万円以上するライダーベルトのオモチャが大ヒットしているというニュースがあったが、気持ちはよくわかる。パーマンセットならワシも欲しい。これら戦隊ヒーロー番組の悪役が言う。「ふはははは。世界を征服してやる」「地球征服だー」。あの頃は特に何も考えていなかったが、今思えば、世界征服って、具体的に悪役の皆さんは、どういう状態を望んでいるのだろうかと思う。一体何がしたいのだろう。 その1で書いた「エスター」は、周囲にトラブルを引き起こし、殺人も平気で行なう。同級生を滑り台から突き落...... read more

Posted on 2018-02-16 | Category : ブログ | | 10 Comments »

自己愛性人格障害(348)動機と目的 その3

2000年に「豊川市主婦殺人事件」という事件があった。17歳の少年がたまたま通りかかった家に侵入し、在宅だったその家の主婦を殺した事件である。2014年には「名古屋大学女子学生殺人事件」があった。19歳の女子大生が宗教の勧誘で知り合った女性を殺害した事件である。この犯人はそれまでも高校時代に食事に毒物を混入させ男子学生を殺そうとした前歴があった。同じく2014年には「佐世保高1女子殺害事件」15歳の女生徒が同級生を殺害し死体を切断。名古屋大学生の事件と同様、過去において給食に毒物を入れたり、父親を金属バットで殴打するなどの前歴があった。 映画「エスター」は、ネタバレをすると9歳の子供だと思って...... read more

Posted on 2018-02-11 | Category : ブログ | | 1 Comment »

自己愛性人格障害(347)動機と目的 その2

年末から今年にかけて「ストーカー被害」シリーズを7回に分けて書いた。ワシの周囲の人にこの話をすると、皆一様に「うわ、キチガイじゃん」と驚いている。ワシの友人たちの間ではストーカー吉井の事を「リアルサイコよっしー」という隠語で呼んでいる。今後はこのブログにおいても「リアルサイコよっしー」と呼称する事にする。過去の記事も全てこの呼称に訂正しておいた。 ストーカーというのはここ20年くらいで急速に一般化した語彙であるが、昔から似たような事例が数多くあったに違いない。昔からあるストーカーという異常犯罪がようやく社会的に認知されてきたということだと思う。リアルサイコよっしーをきっかけとして、ワシ自身もい...... read more

Posted on 2018-02-10 | Category : ブログ | | 16 Comments »

自己愛性人格障害(346)動機と目的 その1

まず最初に最近観た映画の話である。タイトルは2009年の映画「エスター」。以前コメント欄で紹介して頂いており、いずれ観ようと思っていたものである。 物語は3人目の子供を欲していた夫婦が、流産をきっかけに孤児院から少女を養子に迎える事から始まる。両親と二人の子供の4人家族に新しく加わったのが、この孤児院から来た主人公エスターという少女である。それまで平和で仲の良かった家庭は、悪魔を引き入れた事により文字通り崩壊に向かう、サイコパス(反社会的人格障害)を題材としたサイコホラーである。 監督と脚本家は人格障害についてかなり調べたに違いない。そこかしこに人格障害者特有の言動が散りばめられており、扉が開...... read more

Posted on 2018-02-08 | Category : ブログ | | 1 Comment »

自己愛性人格障害(345) ストーカー被害 7

昨日、リアルサイコよっしーにインタビューを申し込んだという話を書いた。 盗人にも三分の理ではないが、自宅の住所やら実家の住所やら、顔写真などを晒した挙句、自宅周辺まで実際にやってきてうろついては写真を撮ってアップするなど、このような嫌がらせをする理由は何なのか、奴は一体何がしたいのか、これらが「された側」の妄想だと言うのであれば、「した側」の論理を是非聞いてみたいと思った。ワシの常識では、これらは犯罪隣接行為であるが、奴の常識では独自の正当な理屈があるのではないかと思った。それらを語ってもらう事で、同じような被害に遭っている人たちの参考になるのではないかと考えたのである。ストーカー被害者側から...... read more

Posted on 2018-01-30 | Category : ブログ | | 4 Comments »
1 / 3712345...102030...最後 »