自己愛性人格障害 でこぽんの法則 自己愛性人格障害 でこぽんの法則 自己愛性人格障害 でこぽんの法則

information

書籍紹介

51WP2ZVDTSL__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_
「あなたを傷つける人」の心理 きずな喪失症候群

内容紹介        「そんなことないよ」と言われるのを期待して「私なんか」と謙遜する人。何でも人まかせにしながら文句ばかり言う人。「友達だろ」「恋人でしょ」とわがままを通すくせに、人の頼みごとは迷惑がる人……。そんな“きずな症候群”の人間が、あなたのまじめさ、誠実さを利用している! 「人に振り回されたり、心をかき乱されるのは自分のせい」。そう思い込み、誰からも好かれたいと八方美人的な生き方をすれば、人生は息苦しくなっていく。本書は、ずるい人間の犠牲になりがちな“燃えつき症候群”にならないために、危険なタイプの見分け方と対処法を伝授する。言い訳が多い、忘れっぽい、同調ばかりするなど、燃えつき...... read more


名もなき毒
名もなき毒

内容(「BOOK」データベースより)        今多コンツェルン広報室に雇われたアルバイトの原田いずみは、質の悪いトラブルメーカーだった。解雇された彼女の連絡窓口となった杉村三郎は、経歴詐称とクレーマーぶりに振り回される。折しも街では無差別と思しき連続毒殺事件が注目を集めていた。人の心の陥穽を圧倒的な筆致で描く吉川英治文学賞受賞作。  著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より) 宮部/みゆき 1960年生まれ、東京・深川育ち。法律事務所勤務を経て、87年「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以降、「龍は眠る」で日本推理作家協会賞(92年)、「本所深川...... read more


ライ麦畑でつかまえて
ライ麦畑でつかまえて

サリンジャー(著), 野崎 孝 (翻訳) 内容紹介 インチキ野郎は大嫌い! おとなの儀礼的な処世術やまやかしに反発し、虚栄と悪の華に飾られた巨大な人工都市ニューヨークの街を、たったひとりでさまよいつづける16歳の少年の目に映じたものは何か? 病める高度文明社会への辛辣な批判を秘めて若い世代の共感を呼ぶ永遠のベストセラー。 ...... read more